<< スニーカー 堀井和子さんの本とおばちゃん >>
マンダラ塗り絵
最近「大人の塗り絵」がたくさん書店にならんでいる。

興味があって、よく本屋さんに寄るたびにみていた。
どんどん種類が増えてきていて
大好きなゴッホのもあるし、北斎のもあるし、
なんだか楽しそう。

それで、手にとって、買おうかどうしようか迷って
結局「あんなすてきな色にできなそうだし・・・」
と思って本を元の場所にもどしてというのを
何回かしていた。

ところが、先日あるきっかけで知った
『マンダラ塗り絵』

マンダラ塗り絵
スザンヌ・F.フィンチャー 正木 晃 / 春秋社





これならば!と思い購入。
自分の頭の中にはアジアな雰囲気のチベットとかインドとかの
マンダラを思い浮かべてみたり
イスラムの細密画っぽい雰囲気を思ったり
といろいろな想いがふくらむ。

おととい一枚目にとりかかってみた。
カラーマーカーを使ってみた。
マーカーだと思っている以上に色が濃くなってしまい
微妙な出来映えだった。
シックにしあげるつもりが
カラフルで元気な感じにできてしまった。
青をメインにしたくて多く使ったのに、脇役のつもりの赤や黄が
思った以上に目立った。

昨日は二枚目。
今度は色鉛筆で。
こちらはわりと思ったとおりの色がでた。
でも、マーカーに比べてインパクトに欠ける。
グリーンが基調になっている落ち着いた仕上がり。

今度はクレヨンでやってみたいな。
[PR]
by mpana | 2006-06-05 21:56 | つーくん ・ 家族
<< スニーカー 堀井和子さんの本とおばちゃん >>