<< 陶芸 その4 すくすく >>
“生活の中のデザイン”
b0093920_23202267.jpg東京国立近代美術館へ。

今日は、ギャラリートークに堀井和子さんがいらっしゃる日。
お話を聞いてきました。

堀井さんはご本人が本で紹介されている
すてきなものたちが持つ雰囲気と
同じ空気をまとっている、そういう感じでした。
(すっきりと、温かみのある、気持ちのよい など)

とてもすてき。
そして、すてきな年の重ね方をされていらっしゃる
そう思いました。

今になって、なんだか胸がいっぱい。


このギャラリートークの後に、
展覧会をみました。

バタフライスツールなど、
本物を初めてみたのだけれど、
つなぎあわせた部分の木目が
きっちりとあっていて、そこにみとれてしまいました。
樺桜、ローズウッド、メープルのスツールが展示してある中で、
ローズウッドのものが特にすきで、しばらく眺めてしまいました。

他にも「あっ、これがあの!」といった道具が
いろいろ展示されていて、面白くてゆっくり見ていたら
あっという間に閉館時間。

今日もいい時間を過ごせました。
[PR]
by mpana | 2007-02-17 23:50 | 美術展・個展など
<< 陶芸 その4 すくすく >>