<< ライブ 話したいこと >>
布をめぐって
b0093920_2343724.jpg先日読んだ一冊の本 “魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち ”

この本に誘われるかのように、今日はすこし遠出をしてきました。あきる野市にある真木テキスタイルスタジオさんの“竹林Shop”へ。














b0093920_23511455.jpg武蔵五日市駅で降りて、歩いていきました。

秋川。水が透明できれい。釣り人、子どもたちの姿もたくさん。いいお天気で、緑もたくさん。川のせせらぎ、鳥たちの声も聞こえてくる。通りがかった材木屋さんからは、木のいい香りもする。













b0093920_23561757.jpgこちらです。
グリーンに囲まれた敷地内。なんて気持ちいい。
さっそくShopへおじゃまさせて頂く。

“真南風”展。
福木で染められた鮮やかな黄色の布が目にとびこんでくる。
藍も紅露も、それから今日知ったアカメガシワも、色調が何種類もあり、みとれてしまう。
糸も染料もすべてが自然からのいただきもの。
人が想いをこめて丁寧に織られるそれらは、生命力にあふれていて、本当に美しい。しなやかで力強くありながら、とてもやさしい風合いだった。
ぼーっとなってしまった。






b0093920_042437.jpg併設されているカフェからは、いい香りがしている。
ちょうどお昼のころだったので、私もランチを頂くことに。

スパイシーなジャガイモが中に入っているチャパティを石窯で焼いて下さる。









b0093920_062330.jpg手織りの布の日よけの下のテーブルで、あつあつを頂きます。おいしい。南インドの料理は辛味と酸味がけっこうあるそう。暑いときに熱いものを食べて涼しくなるため。インド人シェフさんが教えてくれる。暑い今日にぴったり。
おしぼりの布も藍染めの織物で、とてもすてきだった。









ランチをご一緒しながらお話させて頂いたご婦人が、
こちらで少しお仕事されているそうで、スタッフの方に
「遠くからせっかく来たから」といって、お願いしてくださり、
制作されているほうの家屋にあがらせて頂けることになりました。

機織器には縦糸がかけてありました。
その横で、織りをされている方と
作品を見ながらお話させていただきました。
なんてぜいたく。
丁寧に教えていただきありがとうございました。

その後、ご婦人が町案内のドライブがてら、青梅の駅まで送ってくださいました。
初めてお会いしたのに、いろいろと親切にして頂いてすごくうれしかった。
本当にありがとうございました。
また、どこかでお会いできるといいな。

すごく長い道のりだったけれど、
いいことがたくさんあって、元気いっぱいになった。

帰ってからピアノを弾いたら、すごく力強く手が動いた。
[PR]
by mpana | 2007-07-27 23:41 | 美術展・個展など
<< ライブ 話したいこと >>