<< 光のいろ オキナワの風 >>
ぷらぷら
暑くてかないません。

海へ行こうかと思ったけれど、
家族連れでにぎわいをみせているこの時期だけに、混雑は必須・・・。
あきらめ、街へ。

つーくん&つーママと横浜をぷらぷら。
まずは水分補給。

b0093920_2204582.jpgこれはアセロラジュースなんですが・・・。

ジョッキサイズで登場。飲むのにこんな風になっちゃいました。

水辺が気持ちよさそうなので「水上バスにでも乗ろうか?」とつーママが提案したところ、「のらない、のらない!」とつーくん。走って逃げていきました。

デパートのおもちゃ売り場へ。
ちいさな電車がレールの上をぐるぐる走っているコーナー。周りで遊んでいるこどもたちを見ていると、おもしろい。
いろいろな子がいる。

じっと見ているだけの子。
もくもくと自分のすきな遊び方を探求している子。(いちばん多い)
他の子からおもちゃをうばって遊ぶ子。
取られてしまったおもちゃを取り返そうとする子。
取られてぼうぜんとしている子。

こうやって、みんな社会勉強をしていくんだねぇ。
つーくんは、もくもくと探求型かな。

b0093920_2212452.jpg早めの夜ごはんはメキシカン。

以前、「おつまみ」という言葉を知ったつーくん。「夜ごはん何が食べたい?」と聞くと「おつまみたべにいきたい!」だって。
トルティーヤチップスを食べながら「ねぇ、これおつまみ?」とたずねていたね。









b0093920_22355981.jpgひさびさに、こういったお料理をいただきました。
おなかいっぱい。

今日も楽しかったね。ありがとう。
















今日は、子どもの世界以外に、職人の世界をいくつか見ました。
デパートで展示会をしていたのです。

気になったのは、千代紙、江戸切子、そして箒。

千代紙。
ちいさな100絵柄の千代紙セットがありました。
見本をみているだけで、どきどきしてしまった。
美しく多彩な色や模様が、これほどちいさな紙の中に
閉じ込められているだなんて、とても贅沢。

江戸切子。
見かけると、いつも足をとめてしまう。
ちょうど、カット作業をしている職人さんを見る。
ものすごく緻密で繊細なカットの壷のようなものに見とれていたら
「お茶をやっているんですか?」と聞かれる。
お茶に使うものだったのかな?
ただただきれいだなぁ、と思いずっと眺める。

箒。
実用的であって、美しい形。
職人さんが、いろいろと教えて下さった。
編み方や、細部の構成、それから「頑固さ」についても。
職人は「自分が作るモノに対して頑固でないとね。」とのこと。
確かに、モノ作りについての譲れない基準やラインがあるはず。
自身で納得したものを作っていくには、頑固でなければ・・・。
「ただね、他のことは頑固でなくっていいんだけど、どうも全てがそうでねぇ!」
なんて笑っていらした。

どこかにでかけると、いつも何か教えていただくことがあって楽しい。
ありがとうございました。
[PR]
by mpana | 2007-08-15 22:55 | つーくん ・ 家族
<< 光のいろ オキナワの風 >>