<< アートの秋 韓国から・・・ >>
日本伝統工芸展
日本橋三越で開催されていた
“第五十四回日本伝統工芸展”

昨日行ってきました。

多くの作品が並んでいる中、かけ足だったので、
染織と陶器だけみてきました。

その中には、先日石垣島でお世話になった“からん工房”の
深石美穂先生の作品もありました。

b0093920_21173610.jpg近くでみてみると、それはそれは細かく美しい模様が入っていて、糸も微妙な色の変化、グラデーションになっていて、すごく綺麗でした。

なんだか石垣の香りがしそうで、着物の前でおもわず深呼吸しちゃいました。
あの工房での1日。すごく楽しかったなぁ。

工芸展ではいろいろな地方の特色豊かな織りや陶器が展示されていて、とても勉強になりました。










          ◆

今日はひさびさに家ですごす。

9月は、月の半分以上を旅していた。
本日は、いろいろとお部屋のお片づけ。旅のおもいでのものたちも整理。
すっきり。

そういえば、オキナワから帰ってきたとき、とつぜん大成長した“ちびまる”
香川から帰ってきたら、また大きな葉がひとつ増えていた。
たぶん、背もまた伸びた。

b0093920_21242835.jpgぴょんととびだしている上から2ばんめの葉。

香川から戻ってきたらあったのです。芽はよく見ればわかるくらいに小さかったはずなのに・・・。

ちびまるからも、応援してもらってるみたいでうれしくなる。
がんばるぞー!!!
[PR]
by mpana | 2007-09-30 21:39 | 美術展・個展など
<< アートの秋 韓国から・・・ >>