<< 黄色 今日もおめでとう! >>
“美”めぐり
今日は美術展めぐり。

b0093920_0251394.jpg“安宅英一の眼 安宅コレクション” 三井記念美術館にて

中国の漢から明までの時代、そして高麗、朝鮮の時代の陶磁器。
国宝や重要文化財もならぶ。
すばらしかった。
優雅でありながら、落ち着きがあり、そっとあるのにものすごくひきつけられる。時を経るにしたがい、さらに深みが増していることもあいまって、それぞれが驚くほどの存在感を放っていた。

本当に衝撃だった。

この美術展に行ってみたら?とすすめてくれたおばに心から感謝。


b0093920_025254.jpgつづいて“美の壷展” 日本橋高島屋にて

会場に入ると、さっそく番組のオープニングテーマがエンドレスで流れていて、見終えてしばらくの間も、頭の中に“モーニン”がかかりっぱなしでした。

こちらは、番組で紹介されたテーマにそったアート作品が次々と並んでいて、贅沢。古伊万里、魯山人の器、表具、根付、切子、アールヌーヴォーのガラス、そして藍染がよかった。(ほとんどかも・・・)



それから、番組タイトルロゴなどを書いていらっしゃる紫舟さんが
ライブパフォーマンスで書かれていた“書”が会場に展示されていました。
すごくすてき!
字が字でありながら絵のようでもあり、
その字が持つ意味とともに動いたり、立ち止まったりしそう。
なんてすごいんだろう。


そして、ラストにむかったのはボクネンズアートさん。

都会の喧騒から逃れて・・・という感じで、ほっとする。
(美の壷は混雑してました)

昨日うれしいご案内を頂いたので、さっそくおじゃましてきました。
そして、とうとう、出会いました!
念願の1枚に。
すごくきれいな色を連れて、ギャラリーにやってきてくれていました。

いい風が吹いてきそうです。
心穏やかになる、光のある作品。

わが家にやってくるのが本当に楽しみ。
[PR]
by mpana | 2007-12-01 00:44 | 美術展・個展など
<< 黄色 今日もおめでとう! >>