<< 森のひみつ 飲むときのうつわ >>
ひまわり
ヴラマンク展へ。

佐伯祐三が影響を受けた画家の1人と知り、
ちょうど、展覧会をやっていたので観に行ってきました。

雪の積もった街の様子が描かれた作品が
すごくよかった。
道。真っ白な雪にところどころ土が入り混じっている様子。
両脇には、白いまま掃いて寄せられた雪。
その質感と色使いにひきこまれてしまった。

よかった。

でも、私にはやはりゴッホだった。
損保ジャパン東郷青児美術館には、ゴッホのひまわりがあるのです。

b0093920_15246.jpg
ひさしぶりに、絵画の前に立って、涙がでた。

これほどにすごいものがある。
それを実際に目にすることができる。

こんなしあわせなことってないと思った。

ゴッホが弟テオに宛てたたくさんの手紙の内容が頭をよぎる。
ひまわりにとどまらず、いろいろなことが自分の中で一周して、
なんとも言葉にしがたい気持ちで、ずっと絵の前にいた。

目が覚めた。


          ◆

いつもそっと、かつ盛大に応援してくれているみなさま。
ありがとうございます。
改めて身にしみました。

ときどき、その自覚がなくなっていることがあって、
しばらくすると、思い出させてもらうことに出会う。

今日もまたそうでした。
みんなの喜ぶ顔がすごくうれしい。
忘れそうになったら、ここを見て思い出そう。
[PR]
by mpana | 2008-06-18 23:59 | 美術展・個展など
<< 森のひみつ 飲むときのうつわ >>