<< すいか 映画化 >>
巨匠たち
b0093920_23102347.jpg


対決 巨匠たちの日本美術” 観に行ってきました。

12組24人の巨匠たちの作品対決。

ああ、とってもいいなぁ。さらにはすきだなぁ と思ったもの。
うわ、すごい!強烈すぎる!と驚いたもの。

このどちらかにあてはまるものはちゃんと覚えているのだけれど、
とにかくいろいろありすぎて、その他のものに関しては
どの作品が誰のものだったか、はたしてそれを今日観たのかどうかまで
記憶が大混乱。
とくに屏風、襖関係。クイズとかになっても答えられなそう。

ものすごく作品のボリュームがあったように感じる。

それにしても豪華なラインナップ。
圧巻でした。

光悦vs長次郎 焼物対決はやはりすきだった。
円空の仏像。ひとつひとつの表情に魅了された。
写楽。よく目にする絵とは違うものを初めてみた。
正直に人物の特徴をとらえた描写が爽快で愉快。

若冲の “仙人掌群鶏図襖” (上の写真の左側の鶏さんです)
強烈すぎて恐ろしいのに、見入ってしまった。
何羽もの鶏が展示ケースをつきやぶって飛び出してきそうだった。

あのリアルな鶏たち。夢にまででてきそう。
[PR]
by mpana | 2008-08-01 23:59 | 美術展・個展など
<< すいか 映画化 >>