<< コンサート みつけたよ >>
お届けもの
b0093920_22441151.jpg
堀井さんのガラスが届く。

葛を溶いたようなとろりとした質感。
そのやわらかさと同時に真摯なほどの透明さをあわせ持っている。

それを通してみる ものの輪郭の淡さは
うつくしい記憶をぼんやりとおもいだしているときに ちょっと似ている。

展覧会というシチュエーションでなく、
実際に家で 等身大の感覚で見ると
そのときには気づかなかった ガラスに内包されていたものが
ぽわっとあらわれてきた。

自分で選んだのだけれど、日がたってみると
どこかから特別な贈り物がやってきたみたいでなんだかうれしい。

         ◇

ふとテレビをみるときれいなセピア色。
あ。

グレゴリーコルベールの特集がちょうどはじまるところだった。

心がすっと静かになって、広く深くなる。
昨年みたときの感覚が一瞬にしてもどった。
じーんとした。
[PR]
by mpana | 2008-10-05 22:58 | アート
<< コンサート みつけたよ >>