<< そんなふうにみえる コンサート >>
image and invisible
b0093920_22454268.jpg
すばらしかったコンサート。
その2日後、こんどは高木さんのトークイベント。“映像と目に見えない存在”

これは聞かなくてはいけない という予感。的中。
ものすごかった。
ずどんとおりてくるものがあった。

そこにあるのだけれど目には見えないもの。

高木さんからでてくる映像や音や言葉から
気づかせてもらえることが驚くほどにたくさんある。

個展にコンサートにお話に、と流れるように続いていく中で
うねりに飲みこまれてしまったよう。
なかなかぬけだせないでいる。

Homicevalo また涙がでそうだった。


          ◇

最近でいちばん気に入ったものに出来上がりそうだったマグ。
窯だしのときのアクシデントで割れてしまったのだそう。
かなしいけれど、仕方ない。

ただ困ったことに、それを今度ある展示に出すつもりだったので、
代役どうしようかな・・・。

割れたのを一応持って帰った。

「これ 金継ぎしてケースにでも入ってたら、
後世ですごい!ってことになるかもしれないよ」

なんて話して、どわっと笑う。

美術館のケースに陳列された年代物の立派な茶碗たちよ。
うっかりまぎれようとしたりして、たいへん失礼しました。

ああ、ほんとどうしよう。
[PR]
by mpana | 2008-10-20 23:25 | 音楽
<< そんなふうにみえる コンサート >>