2006年 05月 28日 ( 1 )
風人の祭にて
昨日、上野で開かれた「風人の祭」という
イベントに行ってきた。

たくさんのアーティストが登場。
約5時間、唄って踊ってほんとに楽しかった。

まず聴きたかったのは、KNOBさんのディジュリドゥ。
やはり大地から湧き上がるような響きだった。
いろいろな想いが木を通して自然といっしょになって
奏でられる不思議な音。
なんとも心を揺さぶられるものだった。

GOCCOの太鼓もものすごい迫力。
メンバーのみなさんの美しい姿に脱帽。
かっこよすぎる。
友人と「これやりたいね」と言い合う。

寿のナビィさんはすごくいい声で歌ってた。
お話もそうとうおもしろかった。

オキナワ系の音楽や踊りがほとんどななか
小山内薫さんという方の津軽三味線の演奏が
あって、それがとてもかっこよかった。
職人さんのように、ひとつひとつの音を
きちんと弾いているという感じだった。

そしてまーちゃんの唄。
力強く、そしてやさしく会場を包んでいた。

最後は会場全体がひとつになって唄って踊って
盛り上がった。


はぁー、ほんとに音楽ってすばらしい。
こんなにたくさんの人たちがひとつになって!
今日もたくさんパワーをいただいた。

帰りにまーちゃんのとKNOBさんのCDを購入すると
お二人とも握手とともにCDにサインを入れて下さった。

KNOBさんはCDに「唯耕心田」という言葉を書くとともに
気(祈り?)を入れて下さった。
楽器についてなど、丁寧に教えて下さりすてきな方でした。

わたしもひとつひとつのことを
大切にしよう。
自分の心を自分で耕し育くんでいく
そうやって成長できるよう努力しよう。
と改めて思った。
[PR]
by mpana | 2006-05-28 21:51 | 音楽