2007年 12月 13日 ( 1 )
オキナワ 3日目
雨降り。
レンタカーは今回利用しない予定。

「どんな風にまわろうかな?」
と考えていたら、雨があがる。

歩いて出発。
途中、陶器がならぶお店があったのでおじゃまする。
お店の方と少しお話しているうちに、
やちむんのお話から、移住のお話、オキナワでの人や物事のつながりの不思議など
どんどんお話がふくらむ。
すっかりコーヒーまでいただいてしまった。
とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

じつはでかけるとき、「お昼を食べる場所まで車で送りましょうか?」と宿の方が
言って下さったのだけれど、なんとなく「歩きたいな」と思い、
お気持ちだけ頂いたのだった。
車だったら、このお店を通りすぎていたはず。

不思議だな、ありがたいな、と思いつつ、
ランチをしに、てくてくてくてくと歩く。

b0093920_21354563.jpgシマウマカレー食堂さん。
3種のカレーが、どれもこれもおいしくて、にこにこしながら食べた。(たぶん)

気になっていた小冊子も、こちらで買うことができました。
昨日おしえていただいたのです。

その後、お隣のパン屋のクークさんでパンを買う。
とてもおいしいのだそう。楽しみ。

この後もてくてくてくてく。

b0093920_21403262.jpg読谷村立歴史民族資料館・美術館へ。

読谷。陶芸はさかんだし、花織の布はあるし、すごくいいな。








b0093920_2143319.jpg表には、厨子甕がならんでいました。











b0093920_2147277.jpgそれから、座喜味城へ。
お天気の日の見晴らしはすばらしいんだろうなぁ。
四方の海も山も見渡せる。

座喜味城にたどりつくまで、小高い丘を上っていくのだけれど、城の少し手前には、お墓がたくさんある。とても景色のよい場所。都心であれば、間違いなく家が建っているであろう場所。

先祖を大切する風習。直に感じた。


気づけば夕方になっていた。
宿までてくてく。
途中、きび畑と向こう側の海がきれい。

かなりたくさん歩いた。
その間、歩いている人とすれちがったのは何回あったかな・・・。
ほとんどなかったなぁ。

帰りがけ、昨日いろいろ教えていただいた工房へご挨拶に行くと、
今晩、笛とお酒をもって遊びに行きますね、とのこと。

b0093920_21563896.jpg宿にもどる。
ランチがきいて、夜になってもお腹いっぱいだったので、クークのパンをいただく。
ホワイトチョコ&ピスタチオのデニッシュ。
クロワッサン。

おいしかった。

そして、小冊子“手手”を読む。
読谷。ここにもすてきな人がいっぱいいる。手仕事をしている魅力的な方がたくさんいる場所。






はたして、夜は宴になりました。
工房のご主人は、手作りの横笛。演奏ももちろんとっても上手。
フルートも持ってきて下さったので、私はフルートを。

クリスマスの音楽を合奏していたら、昨日のかわいいお嬢さんたちも
すごくシャイだったのが、だんだん仲良しになってきました。

b0093920_2205138.jpgみんなでいろいろ練習したり。

そうしていると、宿の母屋からもご家族全員がお菓子やいろいろを持って集まりはじめ、すごくにぎやかに・・・。
おばぁはパパイヤイリチーまで作って持ってきてくれる。
子どもたちは先に帰り、日付が変わっても、(そのころはさすがに笛は吹いていなかったけれど)話はやまず、お開きになったのは2時ころ。
すごくいい時間だった。
こんなによくしていただいて、本当にありがたい。
ありがとうございます。
[PR]
by mpana | 2007-12-13 23:59 | オキナワ <旅など>