2007年 12月 16日 ( 1 )
オキナワ 6日目
早起き。
7時前には出発。青空市へ。

メンバーは、おばぁ、おばぁのお友達(タイラさん)、私。
おばぁは73才。学生時代のお友達だというタイラさんも同い年かな。

b0093920_18381627.jpgおばぁが運転。

きれいな朝焼け。「早起きは三文の得だからねー」とみんなでほれぼれ眺める。

車内では、“鬼餅”のお話や“キジムナー”のお話など、言い伝えられているお話を教えてもらう。それから、方言も。




b0093920_18403056.jpgさ、青空市につきました。

おばぁたち、さっそく品物を見始めます。駐在していた外国の人たちが、沖縄をでていくときに持って行ききれない物たちを、チーププライスで売っているのです。Tシャツ ¥100 などいろいろ。
品物はともかく、おばぁたちの買い物風景がすごく楽しくて、それを見ていたら、「そんなとこに立ってないで、ほら、いろいろみなさい」と言われる。でも、おばぁたちの方が断然おもしろい。



b0093920_18435252.jpgもちろん、売っているのは外国の方々。おばぁ、英語もまじえて値下げ交渉。
100円のものを「50円、50円」と言い、“No, 1 dollar.”と言われると「あー、高い高い、行きましょ!」
通りすぎてから、「あの人たちは100円しかしらないのよー。だから50円って言ってもわからないのよー。」

ここでは1ドル=100円でみんな買い物してました。

えっ、これを買うのかしら?というような不思議な外国製おもちゃなどを値下げ交渉し、結局買わなかったりするお2人。おもしろくてしょうがない。





b0093920_185225.jpgかっこよくて、元気で、明るくて、楽しくて、たくましい。
おばぁを見習わないと!













b0093920_18531673.jpg「ここでいつもハンバーグを食べてから帰るのよー」
「今日も食べていこーねー。」

ハンバーガーショップへ。
かなりアメリカンなタイプのチリドッグとポテト、ボリュームのあるコーヒー。
朝ごはんに73才のお2人と私の3人で、もちろん1人1皿ずついただく。私にしてもけっこう重たかった。これをきちんと食べられるお2人。本当に尊敬!!
すごく楽しかった。



この後、私はまたやちむんの里へ。
おばぁが送ってくださる。

午前中いっぱい、陶器市最終日の中、まわってきた。

b0093920_18584836.jpgb0093920_1859233.jpg










宿へもどると、大量のサーターアンダギーが。
そう、タイラさんがたくさん揚げてもってきて下さったのだ。

ここで3つもいただき、お土産用にもたくさん持たせてくれた。

宿のみなさんをはじめ、読谷のたくさんのすてきな方々と会えて、
本当に楽しかった。すごく濃い日々だった。
きっとまた来ます。

みなさん、本当にありがとうございました。

          ◆

名残惜しいような気持ちで、那覇へ。
夕方到着。

その後、那覇のおともだち(今度はご夫妻で)と数日ぶりに再会。
また、車で案内していただいた。

そして、沖縄で、屋久杉に出会えてしまった。
すてきなお店に連れて行っていただいたのです。
木で家具やアクセサリーなどを作っているお店。
屋久杉に一歩近づけたので、今度は本物に会いにいけるといいな。

その後、楽しい飲み屋さんへ。

b0093920_1995797.jpg“おとん”さん。
しょっちゅう、お仲間が集まるお店で、きっと楽しいから、と言って連れてきていただいたのですが、そこに来ている方々とお話していると、不思議といろいろつながってきたりして、びっくりだった。

お酒もお食事もとってもおいしかった。





かなり飲んで、2軒目。こちらは、「?」なんていう表示がでているBAR。
連れてきてもらわなければ、分からないような場所にあった。
こちらもディープ。お酒の値段もきまってなくて、自分で「だいたいこのくらい」と思う分を置いていく方式。
おもしろかった。


おともだちご夫妻、とってもとっても楽しい時間をありがとうございました。
そして、本当にお世話になりました。

今日もたくさんの人と会って、すごい1日でした。
[PR]
by mpana | 2007-12-16 23:59 | オキナワ <旅など>