カテゴリ:自然( 47 )
みつけたよ
b0093920_0371797.jpg
店先のダンボールからきいろい頭の先だけちょこんとみえていたね。

ここにいますよ!という気配。
そんななにかを感じて、ゆっくりと掘り出してみると
なんとおしゃれに濃いみどりを奥にこっそり身につけていた。
ちいさなちいさなかぼちゃ。

色、その組み合わせ、しましまのラインのかんじ。
ミッフィーのお話の中の 洋なし みたいな形。
片手にすっぽりと (にぎられるためにあるみたいに) おさまる。
ひんやりつるつる。

ほくほく顔でつれて帰り、
さっそく机上にかぼちゃコーナーができた。

特例で、そのコーナーにガーベラを一輪だけ飾る。
首を少しもたげていたのが、横をむき、次第に天井をむく。

ひさしぶりの 「あ!みつけた」 

まいったなぁ、さらには もうお手上げ なこと。
しずかに前後しながらもすこしずつよくなるような
そんな気がしはじめた。
[PR]
by mpana | 2008-10-03 00:57 | 自然
珍客
b0093920_153672.jpg
あら。旅先の南国などでしかみたことなかった。

ヤモリとイモリがよくわからない。
シルエットはすきだけど、正面きって見に行く勇気はなく・・・。
見に行ってもちがいはわからないわけで。

わが家をまもってくれるのかな。

と勝手にヤモリに認定。

          ◇

つーくん、口にぷつぷつができる病に。
こどもがかかるものらしい。
ちいさな口だけに、口内のぷつぷつの占有率が高く
かなり痛いんだろう。

早くなおるといいのだけれど。
[PR]
by mpana | 2008-09-17 01:23 | 自然
空模様
b0093920_224732.jpg


土にじっくりと取り組む。
しまいには前傾姿勢のまま固まりそうになりつつも爽快。

外へ出て、半日ぶりくらいに背すじを伸ばしてみると
なんときれいな空模様。

いろんな絵具でしゃっしゃっと線をひいたみたいな雲などに遭遇すると
大画面でみたい気持ちに駆られ、
ひらけた場所へいそごう!と思う。

そういえば、「まるで絵みたいな空だなぁ」とときどき思うけれど、
「まるで空みたいな絵だなぁ」ありき、ということに気づいて
なんだか可笑しくなった。

b0093920_2341152.jpg
                     くろっぽい魚たち と 彼方に小さなモスク にみえた
[PR]
by mpana | 2008-08-15 00:31 | 自然
月と星
b0093920_0514128.jpg
満月の一歩手前。 
星がななめ上あたりに
ちょこんとなかよくよりそっていました。

オキナワの島の夜空が
とつぜん見たくなりました。

いますぐに行って、大地に寝転んで
空を見上げられたらいいのに。

あ、でもいま台風の真っ只中かもしれないな。

星だらけの空。

大きな自然、大きな心
ちいさな光、そのひとつひとつのもつ輝き など想う。

いろいろなことにありがとう。
[PR]
by mpana | 2008-07-18 01:08 | 自然
月がわり
b0093920_05324100.jpg


きれいだなぁ、と思っていたら、
あっという間に色がかわっていった。
6月の終わりの日。

今日から7月。
楽しみな夏。
[PR]
by mpana | 2008-07-01 23:59 | 自然
雨。
雨粒がきれい。

以前は雨はすきじゃなかったのに、
いまは雨もいいかも、とおもう。

恵みを感じられるようになったからなのだろう。
一粒ひとつぶに、いいものがはいってたらたのしいな。
なんてかんがえる。

b0093920_23573548.jpg


高木正勝さんと坂本美雨さんの“sorato”
短い曲がたくさんのアルバム。
どれも雰囲気があってすごくすてき。
その中の“Rain Rain” という曲を聴いたら、
雨がカラフルに色づきはじめて、わくわくした。
サーカスみたい。たくさん色があるかんじ。
[PR]
by mpana | 2008-06-02 23:59 | 自然
緑にかこまれ
週末に山梨のおばの家へおじゃましました。
妹夫婦と一緒に。

白州にあるサントリーのウイスキー蒸留所へ。
広がる緑。
森ときれいな水。
おいしいウイスキー作りに欠かせない。

b0093920_19162856.jpg


ウイスキーをねかせるときの樽。
一度利用したものは、内側をこんな風に焼いてまたつかう。

b0093920_19171386.jpg


ウイスキーの琥珀色。
この樽から木の色や香りがじわじわとうつってきて
うつくしく色づいてゆく。

ふだん、ウイスキーはほとんど飲まないけれど、
こちらでいただくのは、格別。
水や木々のめぐみだなぁ、としみじみあじわう。


その後、家へもどってお庭でバーベキュー。
外でわいわいと食べるのって、ほんとにおいしい。
b0093920_192017100.jpg

調子にのって、外でフルート。
その後三線も。妹とはちゃめちゃな合奏などする。
b0093920_19222252.jpg



いい空気をすいました。
ノドのアレルギーとやらも、やっとなおる。

ただし、ヒノキ(スギもまだ黄色がみえた)がまだ元気だったので、
花粉症に再度みまわれる。しゅん。
[PR]
by mpana | 2008-05-20 19:33 | 自然
ちびまるさん
うちのちびまるさん (ちいさながじゅまるの木)
なんだか最近元気です。

冬のあいだは、ほとんど新しい葉がでてこなくて
じっとしている感じでしたが、
ここ2日で、葉が2枚もぽわっとひらきました。
新しい芽もいくつか。

b0093920_2344821.jpg


このちびさん ほんとにユニーク。 この広がりかた・・・。
いろんな角度からみてみても、おもしろい。

b0093920_23205819.jpg


なんだか得意げな動物っぽくみえたり、アシカみたいにみえたり。

うちに来たばかりのころの写真がどこかへ行ってしまったけれど、
こんなぴょーんととびだしたところはなく
こじんまりした ちびさんだった。

それとくらべると、ずいぶん貫禄がでてきたね。
ぐんぐん育っておくれ。
[PR]
by mpana | 2008-04-25 23:26 | 自然
球根
b0093920_2359489.jpg
                     あら なにかやってきたみたいね



               

チューリップの球根をそだてている
とある農家のようすを見ました。

花がさいて、病にかかったりしていないか確かめられたあと、
おもむろに花の部分をつみとる作業が開始されるのだそう。

球根のほうに栄養がいくようにするため。

作業している人たちが 
ぽき ぽき ぽき とリズミカルに花のすこし下の茎の部分からつんでいく音。

生きている勢いが そのまま音にあらわれていた。
新鮮で、みずみずしくて、潔い音。

きれいに咲いているところなので、残念だけれど
その球根からでてくる新たな芽に生をつないでいくために
こんな作業が行われているとはじめて知った。

勉強になりました。

つんだ花は畑にまいて堆肥にするのだそうです。

花びらのじゅうたんのようになるのかな。
[PR]
by mpana | 2008-04-17 23:59 | 自然
ダンシング
b0093920_23351683.jpg

              なんだかおどっているみたいでした。


                    ◆


映画。
ここしばらく、あまり観ていないのだけれど
観たい映画がたくさんあったころはよく観ていた。

それにしても、内容をしっかり覚えていることが少ない。
忘れっぽいなぁと思う。
でも、その映画に流れる空気と、印象に残った音楽は、後になっても残っている。

“バグダッド・カフェ”で流れていた平均律クラヴィーアのニ長調。
“イングリッシュ・ペイシェント”のゴールドベルク変奏曲第一変奏曲。

頭の中ではバッハがずっと映画の空気とともに音を奏でていた。
そして、楽器屋さんへ行って譜面を買った。

弾きたい曲をすきに選べるようになってから、
そういう「あっ、これ」というものをたどっていくと、
それに導かれるように、その次、その次と、いいな、という音楽も広がっていった。

そういう音楽の隣にあったもの。
それも、いまになって芽をだしたりしている。

今日ピアノを弾いていてふと思い出した。

自分の前にあらわれてくるもの。

自分が心からいいな、と思うもののほうへきちんと向かうと、その方向があっていると、
またいいものに出会える。
ちがっていると出会えない。

ずっと前から、そんな風になっているんだな、と思った。

人生は種まきみたいでおもしろい。
いろんな種が自分の中で、いつごろどんな風に芽をだし育っていくのか。

自分で植える種、風が吹いてやってきた種、
人からうけとった種・・・。

種もいろいろ。
[PR]
by mpana | 2008-02-06 23:57 | 自然