カテゴリ:my 楽器( 6 )
ハ長調
ここのところぼんやりしすぎてました。

不思議なことに、ちょっとジャンクな生活をしていたら、
ジャンクなものを食べたいなぁと思うようになる・・・。

きちんと動いて気持ちよく過ごしていると、体によいものが食べたくなる。
野菜をたくさんとりたくなる。

料理人のイチカワヨウスケさんの“You are what you eat”
というのを思い出す。

元に戻さなくては・・・。

そして今日、ピアノ初弾き。
年末からけっこう間があいていた・・・。
ピアノを弾きだすと、一気にすっきりといい気持ち。

バッハのハ長調の曲ばかり最初に弾いた。

ハ長調は「始まり」のイメージがある。
真っ白で、さわやかで、これから物事が展開していく力を秘めているようで。
年始にも、ピアノ初弾きにもちょうどぴったり。

その後“きらきら星”も。
先日“のだめカンタービレ”で弾いていたのがとっても楽しそうだったのを思い出して。
このドラマ初めて見ました。
クラシックコンサートにとっても行きたくなってしまった。

ハ長調のあとは、色とりどりの曲へ。
♯や♭がつくと、色つきになっていく。
光のグラデーションみたいに、その調によって色がちがう。

弾いたら、ジャンクからするっと脱出。

よし、今年もがんばろう。
[PR]
by mpana | 2008-01-08 23:59 | my 楽器
かっこう
寒い・・・。
あたりまえの寒さがやっとやってきた。


ピアノ日和。
いつもどおりの後は、昔の譜面をひっぱりだす。
ソナタ集。

普段、モーツァルトくんはほとんど登場しないのだけれど
ちょっと弾いてみる。
それからハイドンのソナタ。なつかしくたのしい。

あとはベートーベン。
かっこうソナタ。
途中で「・・かっこう、・・かっこう」とちゃんと聞こえる。
なんてすばらしい。

今日はこのお三方が流行。
モーツァルトのきらきら星変奏曲などもやる。
これも、ちゃんと星がまたたいてるように聞こえる。
星くずたちをひっくりかえしたら、こんな音がするかも。
やはりすばらしい。

今日は自分からはなれたところで弾けたので、
すごく気持ちよかった。

これからクレーをちくちくとやろう。
[PR]
by mpana | 2007-11-17 21:23 | my 楽器
お届けもの
ペンキを塗った後の家で一晩過ごしたので、
ちょっと気分がすっきりしない目覚め。
もう匂いはほとんどしないけれど・・・。

いそいそと外にでると、空気がとってもおいしかった。
すっきり。

b0093920_23155695.jpg霧雨が降っていて、ちょっと肌寒かった。













ちょこちょこっと買い物。
本屋さんやインド屋さんにて。

夕方、お届けものがありました。
やってきました!三線

b0093920_23191581.jpg練習用の“ウッド三線”
この三線の存在を教えてもらって、こっちで練習するには皮のこととか心配ないからいいなぁ、と思いました。
はるばる読谷村からやってきた三線くん。
週末台風だったから、予定より遅く発送になりました。と連絡があったので、まだ来ないと思っていたら、早めに到着。





あー、うれしい!
以前、恩納村で教えてくださった師匠との時間を思い出しながら
だいぶ長いこと弾いてしまった。

思わずカチャーシーになってしまうような、
ノリノリの楽しい曲が弾けるようになりたいな。
“豊年音頭”とか“忠孝の歌”とか・・・。
ちょっとむずかしいかな。

さて、これから今日買った本を読もう。

b0093920_23293478.jpg“器つれづれ” 白洲正子

白洲さん。まだ生きていらして、お話を聞くことができたらどんなにかいいのになぁ、と思う。
私も、美を見る目、養っていきたい。
たくさんのものを見て、触れて、感じたい。それを知るために躊躇したり、何かを惜しんだりすることなく、まっすぐに。
[PR]
by mpana | 2007-07-17 23:42 | my 楽器
飲み書き
コンタクトを落っことしてしまったので、
買いにいく。

検診から何から、3時間くらいかかった・・・。
けれど、今日受け取ることができたのでよかった。
そろそろ換え時かと思い
左右ともに新調した。

ほっ。

それにしても、目が悪くて心配なのは、
睡眠時に天災がやってきたとき。

裸眼で両目ともに0.05しか見えないと(裸眼の視力は今日判明!)、
とてもまずい気がする。
でも、見えてもぼんやりしか見えなくても、
そんなときは、みんな非常事態なんだし。
なるようになるだろう。

なんて、ビールを片手にだらだら書く日記は
とりとめないなぁ。


今日は “gilrs” を練習。

b0093920_22391271.jpg
















ほんとにきらきらした曲。
自分が粒子になって、水面にまたたくように反射する光の中を泳ぎ、
木々のあいだを通る風にのって、どこまでも吹かれていく、
そんな気持ちになる。

ドビュッシーの音楽みたい。
絵がうかんでくる。

さっきから今まで
ずーっと“girls” だけが流れています。
森林浴のような心地。
同時にイメトレ中。

高木さんみたいに流れるように弾きたい。
[PR]
by mpana | 2007-05-12 22:48 | my 楽器
すこしずつ
ここ数ヶ月、ほとんど毎日ピアノを弾いているので、
先日より、自分に課題を設けました。
 
 1.もう一度基礎をしっかり。
 2.暗譜していくこと。

b0093920_0141782.jpg基礎は、バッハのインベンション。
バッハに限らず、他の作曲家の曲を弾くにしても、こんなにいい練習になるものはないのかも!
この譜面は中学生のときから持っているけれど、その頃レッスンで弾いたもの以外も練習開始しました。
いい意味でくせのない演奏のほうがいいかなと思い、グールドのものではない、インベンションのCDを買って、耳からもトレーニング。




暗譜。
苦手だけれど、覚えてしまったほうが、もっと曲に集中できるはずなので
がんばってみようと思う。(脳の活性化のためにも!!)
よく弾いている曲は、とりあえず見ないで弾いてみる。

ピアノに関しての、自分のマイナスポイント。
(適当にはすぐ弾けるけど、ぜんぜんきちんと弾けてない。)
ずっと前から分かっていたのだけれど、
なかなか直そうとせずにきていたので、
ここで、見直しです。


本日の陶芸。
3つ器を作り、あとは練習。

帰る道すがら、ここ何度かの練習のときと比べて、
今日はいい気持ちで土に触れられたなぁ、と思いました。
ちょっぴり進歩してきたのかな、という気にもなったけど、
土がよかったというのも大きいかもなぁ。

よし、楽器もおケイコも、ほかのいろんなことも
すこしずつの進みもでいいから、きちんとやっていこう。

明日は久々にフルートもできそう。
早起きしておでかけしてきます。
[PR]
by mpana | 2007-04-15 23:53 | my 楽器
三線
いままでフルートとピアノはやっていた。
管楽器はいろいろな楽器を少しずつ触らせてもらえる機会もあった。

そんな中、ピアノでない弦楽器にとっても興味があって
大人になってからバイオリンを習いはじめた。
難しい... けれど楽しい。

いまだにどんな楽器もさわってみたくて仕方ない。

そして今年2月、沖縄本島に行ったとき
これまた念願だった三線を習うことができた。
思ったとおり、すきだった。

まず読谷で体験(30分)の三線、
その夜ホテルの居酒屋で「おじぃの語りと三線(だったかな?)」
というイベントの時間に飲みに行って
語りばっかりしているおじぃから三線を拝借して
ほろ酔い気分で練習。
翌日は恩納村で3時間半ほどのレッスン。

恩納村の師匠は「買うなら送ってあげる」
とのこと。
それから3ヶ月。
三線への想いはつのる一方。
この夏オキナワに行けたら
きっとかついで帰ってくることになりそう。
「はじめての三線」ていう本も熟読しちゃったしな。

はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く
漆畑 文彦 / 晩聲社
[PR]
by mpana | 2006-05-10 01:33 | my 楽器