カテゴリ:ボクネンさん( 27 )
イベントたくさん
本日は、森からのおしらせです。
週末の3連休、毎日イベントが開催されます。


【名嘉睦稔木版展 ~命の森~】

 <ギャラリートーク>

  7月19日(土)15時~   イシジマヒデオ | [ボクネンズアート東京代表]
  7月20日(日)15時~   iBOKUNEN公開収録 [ボクネンズアート東京 さおり&さき]
  7月21日(月・祝)15時~ 米盛つぐみ | [TINGARA]

  <8月予告>

  8月 2日(土)15時~   長屋和哉(音楽家・映画『地球交響曲第6番』出演) 
                                         ※奉納演奏あり

   いずれも 明治神宮文化館 宝物展示室にて
   料金:入場料のみ 予約不要


今後も、イベントが次々追加されると思います。
最新情報はこちらのサイトでチェックできますので、
どうぞお見逃しのないように。


昨日、オキナワの星空がみたいなぁと思っていたのですが、
じつは、この展覧会場に、とてもうつくしく輝く星空があります。
その星空を目にしていたから、
気持ちが島へと飛んでいきそうだったのかもしれません。

下記はその作品も含め、展覧会を紹介しています。
ナビゲーターはTINGARAのつぐみさんです。
ぜひごらんください。

(ちいさくなってしまったので、見にくいようでしたらこちらからどうぞ。)
 → http://inochinomori.blogspot.com/ 
            
[PR]
by mpana | 2008-07-19 00:57 | ボクネンさん
感動
昨日も、森の中でのボクネンさんのイベントは大盛況。

これから3ヶ月の展覧会期中、
たくさんの方にいらしていただけたらな、と思います。

それにしても、いろいろなことがあまりにうれしく、
昨晩ははしゃぎすぎました。

ボクネンさんはもう、本当にほんとうに大きい。
何もかも。
ご一緒させていただいているみなさんが、
あちこちですごい力を発揮している姿も本当にかっこいい。
胸がいっぱいでした。

          ◆

今日は土。
ろくろを回していると、高揚していた気分もすっと落ち着く。

あまりに暑いので、ろくろのときは島ぞうりにはきかえる。
波照間島や竹富島を練り歩いたときのお供。
これを履くと、そのまま歩いて海に行きたくなる。

今日作ったものにはそんな気分が入っちゃったかな。

b0093920_2322528.jpg

[PR]
by mpana | 2008-07-14 23:10 | ボクネンさん
サプライズ
命の森 展覧会初日。

ボクネンさんに会いにたくさんの方がいらっしゃっていた。
作品に触れ、ボクネンさんとお話された方々みなさんが
とってもいい笑顔だった。
それを目にして、こちらまでうれしくなる。

展示。すごかった。
おもわず涙がでそうになって、おおっと思ってこらえる。

それにしても、ボクネンさんは、空や太陽や雲やいろいろを、
オキナワから東京まで一緒に連れてきちゃったのかな、
とみなで話していたくらい、今日のお天気はすごかった。

真夏のような暑さ。
晴れていたのに、突然雷がゴロゴロと響き渡り、スコール。
あまりにすごい雨、と思ったら虹。
集中豪雨のあとは、ぴかぴかのお天気。
すると、空中の水分と太陽の光によって、やわらかく神秘的な光が
あちこちの木々のすきまからさしこむ。

そんな天からのサプライズまであって
なんともすてきな幕開けだった。

b0093920_11049.jpg

[PR]
by mpana | 2008-07-12 23:59 | ボクネンさん
命の森より
またまた森についてのお知らせです。

いよいよ今週末よりはじまる “名嘉睦稔木版画展 ~命の森~”

会場で流れるBGM。
TINGARAのお2人が、この展覧会のために制作されました。

CD発売は8月7日の予定ですが、(会場とボクネンズアート東京のみ限定販売)
一足先に、こちらのサイトで全曲聴けるようになっています。

CD発売前に会場にいらした方で、CDを予約された場合、
予約特典(展覧会カタログのプレゼント)があるそうです。

展覧会の第一部、第二部、それぞれに
とてもとても大きな作品(畳12枚分)が展示されるのですが、
その2つの作品から紡ぎだされた組曲のアルバムとなっていて、
本当にすてきです。

それらの作品を実際に目の前にし、組曲を聴けるのが
とても待ち遠しい。もうすぐです。

いまいちど、展覧会スケジュールを。

  【名嘉睦稔木版画展 ~命の森~】

  会 期:展覧会は二部構成になっています。
      第一部/陸の森 7月12日(土)~8月17日(日)
      第二部/海の森 8月23日(土)~9月28日(日)
      9:00~17:30 (入館は閉館の30分前まで)
  会 場:明治神宮文化館 宝物展示室
      一般800円、団体(20名以上)大学生
      高校生500円・中学生以下無料


もうひとつ、ボクネンさんのラジオ出演のお知らせです。

  ■J-WAVE 7月13日(日)8:30~8:50
  LOHAS SUNDAY『OSHMAN’S NATURAL LIFE』
  http://www.j-wave.co.jp/original/lohassunday/名嘉睦稔ゲスト出演   

  ■bayfm 7月20日(日)23:00~24:00
  ザ・フリントストーン2008   
  http://www.flintstone.co.jp  
  名嘉睦稔ゲスト出演
 
[PR]
by mpana | 2008-07-10 23:59 | ボクネンさん
ボクネンさん来森
いよいよ来週 7/12(土) より
名嘉睦稔木版画展 ~命の森~ が
東京・明治神宮にてはじまります。

うれしいことに、
展覧会初日(12日)、ボクネンさんが森にいらっしゃいます。


   《作家来場サイン会》

   日 程:7月12日(土) 13時30分~15時30分
   会 場:明治神宮文化館 宝物展示室
   対 象:当日、「展覧会カタログ」「新画集」をお求め頂いた方へ
       サイン会を開催いたします。


東京でお会いできる特別な機会です。
この日はもう、ぜひぜひ、森へ。
[PR]
by mpana | 2008-07-05 23:59 | ボクネンさん
トークライブのお知らせ
今日はお知らせです。

いよいよ来月12日より、明治神宮にて
名嘉睦稔 木版画展 “命の森” がはじまります。

こちらの会期中に、なんとボクネンさんのトークライブが2回あります。
先着順での申込受付が開始されましたので、ご紹介します。
(メールでの申込みとなります)

【トークライブ内容】

■陸の森トークライブ(200名)
 日 時:7月13日(日) 13:30~15:30
 会 場:明治神宮 社務所講堂
 出演者:名嘉睦稔
     今泉宜子(明治神宮国際神道文化研究所 主任研究員)
 入場料:800円(展覧会チケット代金)

■海の森トークライブ(200名)
 日 時:8月17日(日) 13:30~15:30
 会 場:明治神宮 社務所講堂
 出演者:名嘉睦稔
     龍村 仁(映画監督)
     高瀬 毅(ジャーナリスト)
     「地球交響曲(ガイアシンフォニー)第四番」名嘉睦稔編上映
 入場料:800円(展覧会チケット代金)


 *お申込方法 および 参加希望メールの宛先は
   こちらをご覧下さい ↓

   http://inochinomori.blogspot.com/2008/06/blog-post_25.html


ボクネンさんのお話は、もう、とにかくすごくおもしろくて、
いつまでもお話を聞いていたい、と思ってしまいます。
びっくりするような自然のお話など尽きないのです。

今回、森をテーマにどんなお話が聞けるのかな。
どちらの回も、きっと楽しいお話が盛りだくさんだと思います。

海の森トークライブのほうは、すでに申込が多いようなので、
ご希望の方がいらしたら、お早めにどうぞ。
[PR]
by mpana | 2008-06-26 23:27 | ボクネンさん
森のひみつ
ボクネンさんの夏の展覧会 “命の森”

ギャラリーには、待望のポスターやチラシが
どーんとやってきていました。

ものすごくかっこいい赤。
森の緑に映える赤。

できあがった展覧会カタログ(図録)のサンプルを見せてもらって
どきどきしてしまった。
観たい作品がぎゅっとつまっていて、とても贅沢。

中にはできたての新作たちも並んでいました。
この夏初公開の作品たち。
すごくすてきだった。

森のひみつをちょっとのぞいてしまったかんじ。

森の生命力の強さ、たくましさ、それらが持つ美しさ。

ボクネンさんがそれらを見せてくれることによって、
自分が森や自然に包まれたときに感じる気もちの幅が
さらにぐいっと増え、よろこびが増える、見えなかったものが見える。

そんな力をもらえる作品たちだった。

原画はものすごそう!早く観たい。



展覧会サイトはこちらです ↓


[PR]
by mpana | 2008-06-20 23:59 | ボクネンさん
森へ
b0093920_22584010.jpg
明治神宮へ行ってきました。

じつは、明治神宮ははじめて。
初詣という発想しかなくて、(そして初詣は別のところへ行くので)
行くきっかけがとくになかったというのがその理由。

今回は、名嘉睦稔(なかぼくねん)さんの夏の展覧会“命の森”へ向けての現場視察ツアー。

原宿駅をおりると、いつもどおり 人・人・人・・・・。

ところが、線路を隔てた向こう側には、
なんとも立派な木々が茂る森。
空気ががらりと変わる。

ものすごく気もちがいい。
木の一本一本が びっくりするほどにしっかり大きくて のびのびとしている。
玉砂利の道を囲むようにして、豊かな緑がずっとずっとつづく。

ちょっと、東京の真ん中あたりとは思えない風景と空気。

雨がずっと降っていたけれど、そのおかげで
歩いているあいだ、木々のいい香りが辺りにただよっていた。

b0093920_23203627.jpg
いままで何度となく表参道界隈にでかけている。
にもかかわらず、森まで足をのばしたことはなかった。
ちょっとはずかしいことに、これまで “表参道” を
単に場所の名前としてしか捉えたことがなかった。
明治神宮にきて、「そうか、だからここは表参道!」なんてやっと思ってみたり・・・。


ボクネンさんの“命の森”
こんなすてきな森の中でするんだなぁ、と具体的にイメージできて
ますます楽しみ。
[PR]
by mpana | 2008-05-10 23:24 | ボクネンさん
夏のたのしみ
この夏、とてもすてきな展覧会があります。

~命の森~ 名嘉睦稔さん(ボクネンさん)木版画展
 
場所は明治神宮です。

都会の真ん中にありながら、緑豊かな場所に、
自然の力そのものを映しとったようなボクネンさんの作品たちがならぶ。
想像するだけで、気持ちいい風がながれてくる。

私も微力ながらお手伝いさせていただくことになり、
先日さっそくスタッフミーティングへおじゃましてきました。
わくわくするような、いろんな意見がでてきたりして・・・。

本当にすごくすてきな展覧会になりそうです。
[PR]
by mpana | 2008-04-28 23:16 | ボクネンさん
トークライブ
昨晩 ボクネンズアート東京さんへ。
遠藤昇さん×イシジマヒデオさんのトークライブに
おじゃましました。

海の話、漁や釣りのこと、魚やサンゴのこと、それから木々のこと。

沖縄・糸満の漁師の話に「あ!」と思った。
昔、自分たちの小さな船を大きくたばねて、航海へでて
本州へ至る日本のあちこちへ すぐれた漁の技術を伝授していたのだそう。
その他のエピソードもあり、
彼らは ものすごくたくましい海の男たちなのだ ということがわかって
ちょっとおかしかった。

というのも、沖縄でいろいろな方とお話するなかで、
「イトマンチュ(糸満人)ならやりそうだな」 とか
「イトマンチュは自分たちとはぜんぜんちがうからな」 などという形容を
何度か耳にする機会があり、イトマンチュは沖縄本島の中でも
独特な個性のある人たちなんだなぁと思っていたので。

自分の中のちょっとした「!」がうれしかったり、
他にも 「そうなんだ!知らなかった!おもしろい!」 がたくさんあって
とても楽しいトークライブでした。

ボクネンさんが森の中でふつうに眠っていたというのも
すごくすきでした。

その後はおいしいものを囲んで。

パーティーの間にすごくすてきな言葉をお聞きし、
なんともいえない「いいなぁ」という気持ちになる。

ボクネンさんのクリームがかったやさしい黄色が背景の作品。
タイトルをきちんと見てこなかったのだけれど。
すごくすてきだったなぁ。ぽっときれいな色。
力んでいない気持ちよい元気、という雰囲気の色にひきこまれてしまった。

ギャラリーのみなさま、お会いしたみなさま
いつもありがとうございます。


b0093920_22231483.jpg
               自分がギュッとなってしまったときに、ポストカードになったこの作品をいつもみていた。
               沖縄サミットのときのロゴ入りTシャツ すごくうれしい。
[PR]
by mpana | 2008-04-20 22:38 | ボクネンさん