カテゴリ:つーくん ・ 家族( 91 )
続 つーくんの冒険
《冒険 その2》

from つーくん

きょうはいつもとちがう
おようふくだ。

ゆうがたすずしくなってからおでかけ。
ママとぱなちゃんと。

たくさんひとがいるなかを
ベビーカーでかけぬけるママたち。

うみのそばでかぜがきもちいいね。
ぱなちゃんにだっこのままおはなし。
そのなかにあった一言「はなび」

(「えっ!!この前ママとちょっとみてこわかったやつだ。」)

「あーび、あーびいやなの!」っていったら
ママたちは
「こわくないよ!きれいだよー!」だって。

ドーーーーン☆

「ギャーーーー、エーーン」
やっぱりこわいよーーー。
ママにしがみつきます。
すごいおと。そらからこっちになにかおっこってくる。
みんな「おーーーーっ!」「きれーーー!」って
いうけど、いやだよー。

なきながら、でもこわいからかっぱえびせんを
いっぱいたべる。

ドーーーーン☆

「エーーーーーーン」
さくっ、さくっ。(えびせん食べる)

ずっとこわくてないてたら
ママたちが「もうかえる?」
ってきくので
「もう、いいの、もう、いくの~!こわいかったの!」
ってつたえると、
とちゅうで「じゃあ、かえろうね」
っていってくれた。

あー、よかった。こわかった。

かえるときまればだいじょうぶ。
ベビーカーあずかってくれたおねえさんにも
「ばいばいっ」ってできたよ。

かえりみち
うしろで ドーーーン☆
あーびがつづいてるけど、もうこわくないもん。

b0093920_1647126.jpg




from ママたち


神奈川新聞主催の花火大会に
つーくんを連れていきました。

かわいい甚平さん姿のつーくん。

でもつーママは
「この前山下公園の花火のとき、ちょっと見に行ったら
すぐに『帰るの』って言ってて、あとで『こわいかったねー!』だって。
今日も絶対泣くねー。」
って言ってました。

今回協賛会の席をとっていたので
ゆっくりめに出かけ、ひどく泣いちゃったら
でてこよう、ということで行きました。

そして・・・・。

始まる前から、花火とわかったとたん
落ちつかないつーくん。
わたしたちは、会場でいただいたお菓子のなかから
かっぱえびせんをだして

「つーくん、こわかったらママたちが守ってあげるから
だいじょうぶ。それでもこわかったら、これを食べるんだよ。
そしたらこわくなくなるからね!」
と何度も言い聞かせておきました。

そして、はじまると・・・。

案の定、泣いて泣いてとまりません。
「つーくん、こわいときはどうするんだっけ?」
と聞くと、かっぱえびせんを両手に持って
大粒の涙を流しながら一生懸命食べています。

「アンパンマンがでてくるかもよ!」
とかいろいろ言って気を紛らわそうにも
もう、こわくて仕方ないようす。

結局、周りのみなさんにも迷惑なので
途中で会場を抜け出しました。

帰るとなると、とたんに泣き止んだつーくん。
やっぱりあのちいさな体に大きな音は
響くのかなぁ。

それにしても、ちょっとばっかりこわがりやさんです。

b0093920_16474185.jpg


後で「花火きれいだったねー」
っていうと「きれいだったねー」
だって。

「また来年も見に行く人?」
って聞いたら、手を上げて「はい!」
だって。

かわいいなあ。


そんなつーくんには
あの歌がぴったり。

♪ なつのこどもたち あそんだぶんだけ つよくなれるさ
   なつのこどもたち きみたちのえがおが ぼくらのちから

           “夏の子供たち応援歌” ~ハナレグミ~


どんどんいろいろ遊ぼうね☆
[PR]
by mpana | 2006-08-12 16:49 | つーくん ・ 家族
つーくんの冒険
そうそう、忘れないうちに。
さかのぼって7月のおわり。


《冒険その1》


from つーくん

ママたちが「つーくんおフロにいこうか?」
っていって、バッグにいろいろつめてる。

おフロはいいんだけど、
あたまにお水がじゃーんってかかるのが
いやなの。

「いくよー、つーくん。くつはいて」

だだだだだーっ。
げんかんまではしっていってくつをはかせてもらった。
あれっ、おでかけみたい。

そして、ついたところは??
はじめてのところ。
おっきいたてもの。

なかにはいっておくのほうのおへやで、おようふくをぬいで
ドアをがらがら。

うわぁ、お水いっぱい!
なんだかもわもわ。いきぐるしいよ。

「えーーーーん、えーーーん」

ないちゃった。

ママたちは「だいじょうぶよー」
っていうけど、こわいよー。

「あっちのぬるめのおフロにいこうね」
えっ!
ママにだっこされたまま
茶色のお湯へ・・・。

「ギャーーー、ギャーー」

ママたち「だいじょうぶよー。気持ちいいでしょー」
だって。

広くて足もとどかないよ。
いつものおフロよりもずっとずっとおおきいし
いろんなひともいるよ。

ちょっとしたらなれてきた。
お水をみんなに「じゃぶっ!」ってするの
たのしいな。

でもちょっとうごくと
足がとどかないのおもいだしちゃった。
「ギャーーー、ギャーー、もういいの、いいの、ばいばいのー」

はやくおうちにかえりたいよー。

おもいがとどいたようで
はやめにママといっしょにきれいきれいして
おそとにでられた。

でたら「りんごじゅっす」を飲んで
おいしかったなぁ。


from ママたち

いつも利用しているご近所スパ。
けっこう小さい子たちがきているので
「つーくん連れてきたらどうかなぁ?」
って思っていた。
「ぜったい泣くだろうなー」
「でも一度行ってみようか!いろいろ慣れさせないとね。」

ということで
つーくん温泉デビューです。
案の定こわがってたくさん泣いてました。

でも、湯上りのごはんのときには
もうごきげん。

お隣で1歳になるという男の子と
そのおばあちゃんが
つーくんをみて
「2歳ってずいぶんとお兄ちゃんなのねー」
と微笑んでいました。
当のつーくんがあんなに怖がりで
おフロで泣きじゃくっていたことは内緒です。
[PR]
by mpana | 2006-08-12 16:39 | つーくん ・ 家族
つーくんのおるすばん②
from つーくん

あさ、ばばちゃんが
だいすきなヨーグルトやごはんを
だしてくれた。

よーぐるとはすぅぷーんで
「おっきいの」「ちっちゃいの」「ちゅうくらい」
ってすくえるんだ。

でんしゃのほんをばばちゃんに
よんでもらったあと
「つーくん、ほんもののでんしゃみにいく?」
ってさそわれたので
「でんしゃいるの、でんしゃー☆」

   * いる = いるの他に 見る、する、やる

おひるはいつも
じじちゃんのうーまででんしゃのみえるところに
つれていってもらうの。
きょうもでんしゃいっぱいきたね。

たのしかったからちょっとねむくなっちゃった。
おうちにかえっておひるねだ!

b0093920_2244112.jpg




そして夕方。

ママたち「つーくん、おきて~」

つーくん「んっ、まだねむいよー」

ママたち「つーくーん、ただいまー」

つーくん「んっ!」

めをあけると、さっきまでじじちゃんとばばちゃん
だけだったのに
みんないる。ママも。

「えーん、えーーーーん」(どこに行ってたの?)
「ぎゃあ、ぎゃーーーー」(ぼくおいていかれてたの?)

いっぱいないちゃった。
おきたら、ママたちがいたから。
ねるときはいなかったから。

ちゃんといいこにしてたよ。
でも、ママのかおみたら
なんだかたくさんないちゃったの。

よるちゃんとトイレにいって
「ちぃでたよ~~~!」
ってみんなに言いに行ったら
「つーくんすごいねー、おりこうさんだねー」
ってほめてもらってうれしかった☆
みんないっぱいがたのしいね。
また、ママとちぃしにいこうっと。
[PR]
by mpana | 2006-08-03 22:19 | つーくん ・ 家族
三姉妹旅行②
次の日の朝。
今日は晴れてる。
外を見ると海も山もきれいに見える。

ホテルの朝食はいつもたのしみ。

みんなあれだけ飲んだけど
いきいきのおかげで元気。
おなかも空きました。

ビュッフェおいしかった。
みんなの朝ごはん

 わたし :パン、ポテト、コーン、オムレツ、サラダ、フルーツヨーグルト、ジュース、コーヒー
 みぃ :パン、オムレツ、サラダ、フルーツ、スープ、ジュース
 つーママ :ごはん、あじの干物、ワッフル、ソーセージ、みそ汁、パン、ジュース、コーヒー

干物とワッフルを一枚のプレートでもってきた
かつママのセレクトがいちばんおかしかった。

ゆっくりごはんを食べ、チェックアウトを済ませてから
またスパへ。
みんな「あー、早くぐるぐる流されたいね~」
とスパへの想いが朝からつのっていたので
思う存分流されまくってご満悦。

お昼すぎ、スパを満喫し帰路へ。
今日はみんな実家に帰ってきた。

つーくんはお昼寝中。
ママがいなかったときも
いい子だったよう。
いつも協力的な両親に感謝。
おみやげを渡す。
[PR]
by mpana | 2006-08-03 21:49 | つーくん ・ 家族
三姉妹旅行①
先週の金曜、土曜と
ひさびさに姉妹みずいらずの旅行に行ってきました。

行き先は「小田原ヒルトンリゾート&スパ」

地元でワイン、チーズ(とってもたくさんサービスしてもらいました)
おつまみ等々買い込んで出発!

午後2時ころ到着。
10階のお部屋は見晴らしがよさそうなのだけど
あいにくのくもり空。ときどき雨。
霧に包まれて外は何も見えません。
が、かえって幻想的なかんじがよくて
ウインザー城のお姫さまみたいなきもちになりました。

なぁんてロマンチックな感想を言ってる相手たちではなかった!

さっそくスパへGO!

いろいろな種類のスパがあった。
童心にかえり、3人でおおはしゃぎ。
とくに渦まきのようにぐるぐると流される
小さな円状のプールは
もうげらげら笑いながら
流されまくっていました。

屋外にはジャグジーがあって
山に囲まれていて、海も見えて
とても気持ちいい。
ちょうと霧も少しはれてきてくれたのでよかった。

スパを楽しんだあとは温泉へ。
こちらはほぼ貸切でした。
ここで、「あー早くビール飲みたいねぇー」
という声があちこちから上がり
6時ころにはお部屋へ。

宴会のはじまりはじまりー。
ビール、シャンパン、ワインと
つぎつぎあいていきます。

そのあとは酔っ払い3人組で
ダーツをプレイ。

b0093920_22401942.jpg


その後お部屋で引き続きガールズトーク
(と呼んでよいのでしょうか)炸裂。
二日酔い防止に乾杯いきいきを飲み就寝。
[PR]
by mpana | 2006-08-03 21:27 | つーくん ・ 家族
つーくんのおるすばん①
☆つーくんのしょうかい☆

 ねんれい:2さい2かげつ
 すきなもの:でんしゃ
 せいかく:やさしくて、まいぺーす そしてこわがりやさん
 panaちゃんはママのおねーさん


from つーくん

このまえのもくようび、でんしゃでママといっしょに
ばばちゃんちにいきました。

えきについたらばばちゃんとぱなちゃんがいたよ。
とおくからてをふってたから
うれしくなってはしっていきました。

「あっ、じじのうま!」
じじちゃんのくるまをみつけた。
デパートのうえのでんしゃがあるところに
いって、あそんでたのしかった。

b0093920_2227458.jpg


つぎの日は、みぃちゃんがえきにきた。
いつもどおりえきでじじちゃんと
だいすきなとうかいどうせんをみてたら
ママとみぃちゃんとぱなちゃんが
「じゃねー、つーくん、いってくるねー」って
てをふるので、「ばいばい」した。

「あっ、よこすかしぇんだ!」
「あっ、なりたぺーぺーしゅだ!」
そのあともじじちゃんとばばちゃんに
たくさんでんしゃをみせてもらって
たのしかったー。

おうちにかえってからも
じじちゃんばばちゃんにいっぱい
あそんでもらったよ。
おひるねもしたしね。
おとうふたべたし、りんごじゅっすおいしいかったねー。
よるもぐっすり、おやすみなさーい☆
[PR]
by mpana | 2006-08-03 21:02 | つーくん ・ 家族
ひとりさんありがとう
お、おいしいよ~☆

日本橋は伊勢定で「うなぎ」をいただきました。
家族3人で白焼き、う巻き、肝など次々といただく。

ゆっくりおいしく食べているところにみぃ(妹)夫婦が登場。

さらにいろいろオーダーし、飲み食べしゃべり笑う。
4人テーブルに無理やり5人で入れて頂いたので
テーブルの上もかなりにぎやか。

おいしいものってしあわせだなぁ。

〆にうな重を食べてっと。

でも、うな重完食前に
わたしは次の用事のため
浅草までおでかけしたのだけれど
用事は済ますことができず
アサヒビールのオブジェと雷門を拝んでおしまい。

残したうな重がくやまれたけれど
みぃ夫(劇団ひとり似)が食べてくれたみたい。
お嫁さんの両親の前だったから
ムリさせちゃったかな??

今週と来週末は妹お借りしちゃうので
週末ひとりにさせちゃうし・・・。
優しいひとりさん、いつもすみません・・・。
[PR]
by mpana | 2006-07-26 23:25 | つーくん ・ 家族
妹たちふたたび現る
週末また妹たちがやってきた。

やり手の次女はニンテンドーDSを
2台ゲットしたらしく
とってもほしがっていた三女に1台あげてました。

夜は家族みんなで地元の美味しい食堂へ。
お隣が魚屋さんなので、新鮮な素材で
なかなかなのです。
2才のつーくん(甥)は最近偏食ぎみで
ママ(三女)曰く「炭水化物しか食べたがらなくて困っちゃう」
とのことだったけれど、
なぜか「生うに」やら「きんきの煮付け」などを
ばくばく食べている。
「うにん・にん・にん・にん♪」とか言いながら。
最後感極まって「うに~ん」と叫んでいたつーくん。
美味しいものは分かるんだねぇ。

うにをとられた大人たち(!)は
お酒をたくさん頂きました。
ビール、日本酒。

で、帰り道も姉妹は歩きビール。

おうちに帰ってからは
ふたたび宴会のはじまり、はじまり。
ワイン、日本酒ほか・・・。

久しぶりにたくさん頂いちゃいました。
みんなで飲んで騒いで笑って
最高に楽しかったな~☆

飲んでる途中、脳トレをやってみたら
脳年齢は・・・

 わたし → 38歳
 次女  → 34歳
 三女  → 78歳

という結果でした。
上二人は飲んでるわりにまぁまぁではないかな。
[PR]
by mpana | 2006-06-25 23:50 | つーくん ・ 家族
季節の鎌倉散策
紫陽花をみに両親と鎌倉へ。

北鎌倉駅で下車し明月院へ。
お天気が明日から崩れるせいか
平日にもかかわらずすごい人。

それにしても辺り一面ブルーから紫色の
紫陽花が美しかった。
久しぶりに訪れた明月院も
しっとりとしていて心が落ち着いた。
小さな竹林の小道があり
そこを通ると気持ちいい。
ひとつたけのこを発見。
ちょっと出遅れたのかな?

薄曇りだったけれど
かえって風情があった。
たくさん息を吸い込んで
いい空気を体の中にたくさん取り込んだ。

そのあと鎌倉方面へ歩き
源氏山でお弁当を食べる。
外で食べるのって本当に気持ちがいい。

山の途中や道で
遠足の小中学生とたくさんすれ違う。
たまに「こんにちわー」と声をかけられる。
山から走り降りて来る子もいたり
元気いっぱいだ。

お昼の後は小町通りのほうへでて
お香屋さんへいって「老松」という香を買う。
母が伽羅の香を欲しいと言っていたので。

その後、若宮大路沿いの食器屋さんへと
ショートカットする道すがら
すてきなコーヒー屋さんと和食器屋さんを発見。

目的のお店に行ったあと、
見つけたお店に戻り、コーヒーを飲む。
“玄”というお店。
お店に入るとコーヒーのとってもいい香りが
漂っていて、店内もシック。
カウンターの奥には和のコーヒーカップが
たくさんならんでいる。
わたしたちはテーブル席だったけれど
カウンターだと、好みのカップを選べるようだ。

わたしのところには菖蒲の絵が入った金色のカップ。
父は白地に藍で細かく模様が入っているシンプルなカップ。
母は深い青がベースでお花柄が入ったシックなカップ。
器を見るのも楽しいし、コーヒーもとても美味しかった。

そのお隣にある和食器のお店もとてもすてきだった。
コーヒーカップがたくさん展示されていた。
母も興味津々で、「こんどゆっくりみにこようね」
と言っていた。

いいものをたくさん見ることが出来て
充実した一日だった。
ちなみに父の万歩計によると
12500歩ほど歩いたらしい。
先日買ったスニーカーも役立っている。
[PR]
by mpana | 2006-06-14 21:30 | つーくん ・ 家族
妹たちがやってきた
妹二人が週末帰ってきた。
うれしいなあ。

なんてことない話をしているんだけれど
とっても楽しい時間。

妹たちが帰ってくると
甥っ子は母にお願いしつつ
夜は3人でお決まりのご近所スパへ。

ゆーっくりとぬるめのお湯につかりながら
女同士で女子ならではのいろいろやら
お悩みやらを語る。

お風呂からでるとマッサージ。
みんな肩とか腰とかこっているんだけど
一緒にマッサージに行くと
「いたいっ!」「いたたたーー!!」
と妹たちはすごい絶叫しているので
いつも笑ってしまう。
わたしはイタ気持ちいい程度。

それから、お楽しみのビールを飲みつつ
またお話に花が咲く。
3人で数年前沖縄やグアムに旅行に行ったことなど
思い出しては「あー、楽しかったね~」
「また行きたいね~」
となつかしく話してた。

ほんと、家族旅行に
また行ける機会ができたらいいな
と真剣に考えてしまう今日この頃。

大人になると、ほんとに時間を合わせるのが
むずかしいものだ。
[PR]
by mpana | 2006-06-11 23:45 | つーくん ・ 家族