カテゴリ:アート( 35 )
お届けもの
b0093920_22441151.jpg
堀井さんのガラスが届く。

葛を溶いたようなとろりとした質感。
そのやわらかさと同時に真摯なほどの透明さをあわせ持っている。

それを通してみる ものの輪郭の淡さは
うつくしい記憶をぼんやりとおもいだしているときに ちょっと似ている。

展覧会というシチュエーションでなく、
実際に家で 等身大の感覚で見ると
そのときには気づかなかった ガラスに内包されていたものが
ぽわっとあらわれてきた。

自分で選んだのだけれど、日がたってみると
どこかから特別な贈り物がやってきたみたいでなんだかうれしい。

         ◇

ふとテレビをみるときれいなセピア色。
あ。

グレゴリーコルベールの特集がちょうどはじまるところだった。

心がすっと静かになって、広く深くなる。
昨年みたときの感覚が一瞬にしてもどった。
じーんとした。
[PR]
by mpana | 2008-10-05 22:58 | アート
ふわふわと
気になるひと。
写真に絵を描いている女の子。

きづいたときには、ぽわっと うれしい空気の中にいた。
ちいさく、とぎれず、やわらかなあかりを灯してある場所。
そんな感じがした。

佐藤玲さん。

制作中、アトリエで緩衝材にくるまって眠っていたのも
かわいらしかった。

ほんのりとしたしあわせたちが ふわふわとただよっている。

          ◇

コトリンゴさんの こんにちは またあした
ピアノ譜をみつけた。
とてもとてもよい。
同じく ただよっている。

Super butter dog の サヨナラCOLOR 
一緒にみつけたのでやってみたけど
これは、やっぱりどうしてもギターでおねがいしたいのだった。
      
[PR]
by mpana | 2008-09-12 00:01 | アート
かんざし
不思議なくらい、興味あるものごとなど
共通項がたくさんある方々とお会いする。
キーワードひとつから、いろいろなつながりが泉のようにわきでてくる。

ずっと驚きっぱなしの1日。
こういうことってあるんだなぁ。

この出会いのきっかけを作ってくれたのは
セツローさんのかんざし。

あの日、かんざしをしていて本当によかった。
すてきな出会いに感謝です。

b0093920_0344952.jpg

[PR]
by mpana | 2008-08-03 23:59 | アート
やすらぎ
絵描きの植田さん
いしい しんじ







先日読んだ。
読んでいるそばから、色が際限なくひろがっていく本。

絵をみる前から、どんどんあたまのなかに絵や色がでてくる。
きれいでうつくしい本


          ◆


こころにやすらぎがおとずれる音と映像。

ちいさくしか貼り付けられなかったので
よろしければこちらをどうぞ。

明日への祈り / ハイビジョン映像
 http://www.tingara.com/movie/asuenoinori.wmv

かちんこちんになった体もこころも
ゆっくりとほどけてゆく。

今日もいちにちありがとう。


             
[PR]
by mpana | 2008-03-21 23:57 | アート
前へ
とつぜん、テスト間近の受験生のようなきもち。
いままでのおさらいのように
色々と本を読んだり、眺めたりする。

意気込んでいて空ぶりするかもしれないけど、
とりあえず、いってみよう。

それにしたって緊張する。
もう、自分のきもちをそのまま伝えるしかない。

そんな日まで、あと1週間。
とにかく、おちついて。

高木さんの“grace”をずっと聴く。
心がやわらぐ。

          ◆

そういえば、数ヶ月前になると屋さんですてきだなぁと思った
トルコブルーの器。

その前に、別の本で見ていたことに今日改めてきづいた。

それは、中川ちえさんの本で、器にグレープフルーツがのっていた。

目の覚めるような鮮やかなブルーに、みずみずしい黄色がすごくきれいで
とても印象に残っていた。
たしかその本を陶芸教室に持っていって「こういう感じのを作ってみたい」といって
私もトルコブルーの釉薬をかけたのだった。
(あれほど深いこっくりとしたブルーにならず、ちょっと悲しかったのを覚えている。)

そういえば、本でみたときは作家さんの名前を気にしていなかったので
すっかり忘れていたのだけれど、
なると屋さんで会ったときに教えていただいたのと同じ、吉村和美さんの器だった。

「あぁ、こういうことなんだ!」と思った。

たぶん、すてきなものは、どこでどう出会っても「わぁ」と思う。
「いいな」と思う。

作品のひとつひとつに名前がかいてあるわけじゃない。
でも、そこにあるもの ・・・・空気、表情、作り手の方の気もち、もしくは作り手自身、
それらは、ひとつの個性として、きちんと器にある。
場所を変えても、時を変えてもやっぱりそこにある。

2つの器が自分の頭の中でリンクしなかったおかげで(!)
2度も感動できてしまったけれど、やっぱり、「いい」と思うものは
何度出会っても「いい」んだ。
自分がひかれるもの、それを信じようという気持ちにますますなった。
[PR]
by mpana | 2007-11-19 21:48 | アート
いまのアート
ルミ姉のところでブーツを買う。
本も10%オフだけれど、そういう機会には買いたい本がおいていなかったりする。
やっぱりなかった。残念。
ちょっと小ぶりな本屋さんだから仕方ない・・・。

手芸やさんで毛糸を買う。
長めのマフラーを編もう。

今日は、いしいしんじさんな気分。
ごはん日記に気になることがあって調べる。
わぁ、おもしろい。
ちょうど、読まずにいた“キューバ日記”があったので読む。
お風呂で読んでいて、声をだして笑う。

買ってあったPenの“現代アート入門”も読む。
名前だけ知っている方々のやっていることがちょっと分かった。
へぇー。ほぉー。
ひとつ、見逃したことを悔やまれる展覧会があった。
まちがって休館日に行ってしまったんだった・・・。

東京都現代美術館の企画展 “Space for your future
先日おじゃましてきたこちらも、「へぇー。ほぉー。」だった。
中で、SANNAの『Flower House』という作品がすきだった。
展示室の床からいきなり茎が伸びてお花が咲いていた。
木目の板張りの床から生えていると、優しげだった。
そういえば、倉庫のコンクリートからいきなりにょきっと茎が伸びて
お花が咲いているアートを見たなぁ。
こっちはすごく唐突だった。

自由な発想や時代の気分。
おもしろい。
[PR]
by mpana | 2007-11-09 00:31 | アート
ほっこり湯飲み
先日買った湯飲み。

島根県の湯町窯のもの。
こちらの陶器はホットケーキみたいな色をしていて、
なんとも温かみがあります。

b0093920_2111911.jpgわぁ、やっぱりコーヒーにぴったり。

コーヒーがだいすきな私は、この湯飲みに出会ったとたん、真っ先に色の組み合わせを想像。
「すごくおいしい色になりそう!」

ミルクを入れたコーヒーにもとても似合いました。
もちろんお茶をいただいてもとってもおいしい。

この形。
手にかかえたときに、すごくしっくりくるので、ずーっと両手で包みこんで、飲み物と陶器、両方の温かさを味わっていたくなります。しあわせ。





寒くなってくる頃、
ほっとできるものが増えてうれしいなぁ。
[PR]
by mpana | 2007-10-09 21:23 | アート
竹細工・アイヌの布
b0093920_22354966.jpg鎌倉にある“もやい工藝”さん。

こちらで手仕事フォーラムさん主催の月例勉強会におじゃましてきました。

今日は、竹細工についてとアイヌの織物についてでした。







まず、竹細工について。

各地で作られた竹かごを、実物を見ながら(そして直接触らせてもいただける)
説明していただく。

かごの形、用途、使っている竹の種類、
そういったものから、その地域の特色や
その地域、その時代の暮らしぶりが見えてくる。

魚のためのかご、お花のためのかご、炊いたお米をいれておくかご、
つんだ茶葉を入れて運ぶかご、頭にのせてものを運ぶためのかご・・・。

それぞれの目的に応じて理にかなった作りをしており、
普段の生活の中で使われていたもの。
実用のために作られた道具の美しさ。
まさに“用の美”を実感しました。

日本民藝館に展示されている作品のようなものを
実際に手にとって見せていただけるのも、すごく貴重な経験。


次に、アイヌの布のおはなし。

アイヌの布の特徴からはじまり、
布(着物)に入っている幾何学模様から考えられること、
アイヌ固有の民族文化について、など
興味深いお話が多岐にわたる。

ちょうど「アイヌと沖縄の染織」という展覧会が
静岡の美術館で開催されているそうで、
その比較についても少し触れていました。

場所も両極端でありながら、歴史や文化の流れも
正反対のような部分がたくさんあることを
布から教えてもらう。

アイヌの布(オヒョウの繊維でおられているものがほとんど)も
実際手にとらせていただけた。
本物を見たのも多分初めて。
その上、手触りまで体感できるなんてすごい。


今日のおはなしを聞くことができてすごくよかった。
ものすごく興味深いことをたくさんお聞きすることができた。
たくさん知って、すこしでも後世に伝えていきたいことは数限りなくある。

これからも、勉強会にどんどんおじゃまさせていただこう。
ありがとうございました。
[PR]
by mpana | 2007-10-06 23:07 | アート
買ったもの・みつけたもの
とうとう買ってしまいました。
しばらく悩んでいたのですが・・・。

b0093920_23195442.jpgペンタブレット。

もうひとまわり大きいサイズにしなくてよかった。机からはみでるところでした。
フォトショップなどのソフト(セットになっている)を使ってみたかったのです。やってみたいことがあって、おともだちに聞いてみると、「フォトショップとかがいいんじゃない?ペンで作業するのがいいんじゃない?」と教えてくれました。ありがとう。





なんだかたくさんの機能があって、使えるようになるのか心配。
ちまちま動かしていこうと思います。
それにしても、絵心ないんだった!だいじょうぶ、私?

          ◆

ぐうぜんみつけてしまいました。

b0093920_23223832.jpg“関口知宏の地球サポーター”
ラオス・モンゴル・トルコ 絵日記の旅

関口さん。中国鉄道大紀行で、すっかりファンになってしまいました。絵日記に綴られる旅のことも、すごく心に響いてきます。
“地球サポーター”という番組。知らなかったのですが、開発途上国への援助(ODA)が現地でどのように役立っているかをレポートする番組だそう。(ちょうど今日やっていました。)これは、その番組から生まれた本でした。

読むのが楽しみ。
カラマーゾフがまた一時中断になっちゃう。
[PR]
by mpana | 2007-08-31 23:41 | アート
世界の名画
“もっとえいご漬け”でしか使っていない
ニンテンドーDS。

最近は、美術館のガイドに使われていたり、
ますます多種多様なソフトがでていたり、
すごいなぁ、と思う。
地球の歩き方のDS版などもあるのにはびっくり。
日本史や世界史のお勉強ソフトが気になっていたけれど
これは受験生仕様でした。

でも、手書きのノートがすきなので、
勉強してDSの画面に書いた文字が、
書いたそばからすぐ消えちゃうのもちょっとさみしいなぁ。

それはそうと、こんなものをみつけてしまいました。

b0093920_21381267.jpg“大人のジグソーパズルDS”世界の名画2 印象派・後期印象派の巨匠

収録内容に、ゴッホ 28点、モネ 12点 etc とありました。「画集を見ればいいのだから、わざわざ、しかもパズルを買う必要もないはず!」と自分に言い聞かせたつもりでしたが・・・。どうしても、ゴッホのものとなると我慢がきかない。(本物のパズルも持っているのに)






b0093920_21525074.jpgそして・・・。
自分のてのひらの中に、美しい絵がたくさんならんでいるのがうれしくなる。

このパズル、組み立てていくときに「この絵のこの部分にはこんな色も入ってるんだ!」とか「遠目にはこういう色に見えていたのに、実際はこれだけ色が重なっているんだ!」など気が付くので、すごくいい。








私の場合、絵を描けないし、知識もないので、
何かと発見が多く、楽しめているのかもしれない。

なので、買って正解でした。
ただ、ちいさな画面を熱心に見つめるため、
疲れ目と肩こりは必須です。
[PR]
by mpana | 2007-08-20 22:13 | アート