<   2007年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
漢字のおべんきょう
ひさびさに、つーくんと会う。

「“おんな”っていうのをおしえてあげるね」
(すごいことをおしえてくれますね!)

「いち、に、さん。こうやってかくんだよ!」

書き順をいいながら、上手に書いてくれる。

字を書いたり読んだりするのがだいすきなつーくん。
また、あたらしく漢字をおぼえたらしい。

「じゃあ、panaちゃんもかいてみて!」

こんな具合で、漢字の先生をしてもらいました。
今日おしえてもらった漢字はこんな。

 “女、赤、上、下、百、力、金、九、水”

あとは、つー漢字。
「めんどくさい」 (音がすきなのか、つーくんのマイブームらしい)
一文字で、ハングルみたいな文字を発明してました。

おもしろいね。

今日は、つーくんのところは幼稚園の入園手続きなどで
パパママはいそがしいので、
私は泊りこみでつーくんとお留守番。

もうだいぶ前にご就寝。
ゆっくりおやすみなさい。
[PR]
by mpana | 2007-10-31 22:25 | つーくん ・ 家族
冬スタイルできあがり
b0093920_2229328.jpg帽子ができました。
キャスケット。
昨年(だったかな?)に編んだマフラーと一緒に身に着けてでかけようかな、と思います。

寒い時期、ちょっぴりでかけるのが楽しみになるかな。

編み物をしているときは、必ず音楽がお供。
数字を数えているだけ(編み目の数)のときは、歌詞が入っている曲でもだいじょうぶ。なので、ハナレグミ、クラムボン、ミスチル、パナヌファ、を聴く。

考えるときは、歌詞なし音楽、または自然音がお供。








アムプリン、今日ラストをいただきました。
日がたつにつれ、おいしさが変化している!
熟成してるなぁ。
しっかりと焼き色がついた上の部分、なんともおいしい。

世の中には、ちがった意味で手間隙をかけた
美味しいスウィーツが出回りすぎてしまって、
はっとするほど美味しいもの、に出会えることが今では少なくなった。
すごく贅沢なことではあるけれど・・・。

そんな中、アムプリンみたいに
やさしくて、素朴で、一生懸命手作りしている、気持ちのいいデザートは
すごくうれしい。体もよろこんでくれる。

美しくみせようと、複雑にしすぎたり、手を加えすぎたり、
そういうことではなくて、もっと根本のところを
ていねいに、やさしい気持ちでやっていくもののほうが
じんわりとくるなぁ。

すべてに通じることだなぁ。

秋の夜長に思いました。
[PR]
by mpana | 2007-10-30 22:55 | my てしごと
冬仕度
いい色のウール糸をみつけたので、
帽子を編むことにしました。

b0093920_23484258.jpgサイズはどうかなと、こんな編み途中で頭にかぶってみたら・・・。

公園でたまに見かけるおばあちゃんまたはおじいちゃんみたいでした。
ちょうどメガネだったし。日なたぼっこしてそう。

サイズはまずまず。一応おばあちゃん用ではないので、まだ続きを編みます。





模様の編みになれてきたところで、「おお!」
一段前の間違えにきづく・・・。

今日最後まで編んじゃおうとおもっていたけれど、
明日、一段ほどいてやりなおしたほうがすっきりできそうなので
明日の作業にしようっと。

それにしても、寒さにそなえて編んでいましたが、
今日はあったかかった。(ちょっと暑いくらい)
もう11月もすぐそこまできてるのになぁ。
[PR]
by mpana | 2007-10-29 23:59 | my てしごと
ささやかな変化
数週間ぶりに“関口知宏の中国鉄道大紀行”を見たら、
もう内モンゴルまですすんでいました。

雪景色が映っていました。
そして、自然や人とのすてきなふれあいが伝わってきました。

すてきな旅だなぁ。
人だよなぁ。
また、そうふかーく思いました。

          ◆

なんだか、昨日から、ピアノがいい感じ。
バッハのインベンションを毎日弾いているおかげかも。
JSバッハさんありがとう!
それから、高木さんのピアノからもパワーをもらったと思う。

とにかく、指のまわり方が「とん」と一段階段を上ったみたいに
いままでよりよくなった。(気がする)

たまにこういうことがある。
「あれっ、なにかひとつぬけたな」と思う瞬間。

これは、ピアノだけではないけれど、
こつこつ地道にやっていると、ある日「おっ」と思うささやかな変化が
でてくるときがある。

これがものすごくうれしい。

うれしいと何時間でも続けてしまう。
あっという間に夕方だった。

職人さんみたいな感じに
こつこつと丁寧に地道に毎日を過ごしていくのが理想。
いろいろとそうしていきたい。
[PR]
by mpana | 2007-10-28 22:43 | ひとりごと
アムプリン
今日は台風が接近。
友人との約束は延期になりました。

カゼはもう治りかけ。ハナからノドへ行ってしまい、
いまは“えらいひと(またはいばっているひと)”みたいな咳を時々するだけです。

昨日は1日中「ゲホゲホッ」としてたので、
(不思議とコンサートのときは一時的に咳が止んでいた)
みなさんから教えていただいたカゼ対策をいろいろやってみよう!
と思っていたのに、今日は調子がよくなっていました。
ありがとうございました。

そして本日、とうとう待ちに待った
“アムプリン”が北海道より届きました!

b0093920_21161452.jpgじゃーん。
自然の恵みがぐっとつまっているプリン。
高山なおみさんの本によく登場するアムちゃん夫妻が、北海道の大自然の中で、新鮮な素材でていねいに作っているプリン。高山さんの本を読むたびにいつも「おいしそうだなー」と思っていたのです。先日、「そうだ!アムプリンを頼もう!」と急にひらめき、さっそくオーダー。そのTELのときに「あー、ぜったいおいしいな」って思いました。なんともやさしい電話だったのです。




b0093920_2124696.jpgさっそくいただきます。

おお!おいしー。
やさしい味。はちみつがとってもいい香り。香りだけじゃなくて、本当のはちみつの味がした。それに、ミルクも卵もしっかりとおいしい。(一体になっているんだけれど、それぞれがすごくおいしいんだなって感じる)






アムプリンのHP“エゾアムプリン製造所”もすごくいい。
東京でプリンを作っていらしたころから、現在の北海道でのプリン作りに至るまで、
それから今の暮らしぶりを“アムプリン冒険”というコーナーで紹介していて、
それが、すごくおもしろい。

地に足が着いていて、なんてすてきな暮らし方、生き方なんだろう。

そんな色々が合わさって、ものすごくおいしいプリンでした。
冷蔵庫で寝かしておくと、また熟成がすすんでおいしいそう。
明日、あさって・・・と楽しみだなぁ。
[PR]
by mpana | 2007-10-27 21:44 | 自然
ムンク展&コンサート
上野でおともだちと待ち合わせ。

国立西洋美術館の“ムンク展”へ行ってきました。

b0093920_0361937.jpgムンクといって思い浮かべるのは

「ぐるぐると渦巻くどんより重たい空気」
「うつろな人々の表情」
「ゆっくりと確実にすいこまれてしまいそうな負の力」
「ゆっくりと確実にせまりくる負の力」

こういうものだった。



実際、展覧会に行ってみると、そればかりではなかった。
北欧(ムンクはノルウェー出身)の冬の厳しい寒さが映し出されるとともに、
身の回りにある、北欧雑貨のような鮮やかで明るい色も
一つの作品に同居していたりする。

でも、全体をみて、やはり最終的に残った印象は、
最初に思い浮かべていたものと同じだった。

この、絵から出る力はすごいと思う。
でも、ずっと見ているとちょっと苦しくなってくる。
ぐるぐると、めまいがするような気分。

ムンクをゆっくり味わったあとは
ティータイム。

そして夜は、とあるイタリアブランドの創立記念パーティーに
特別におじゃまさせていただきました。

とても華やか。
TVや誌面でお目にかかる方々の姿もちらほら・・・。
なんだかすごいところに迷い込んてしまった感じでした。

実は、このパーティーのイベントで
高木正勝さんのコンサートがありました。
それを知ったおともだちに声をかけていただき、
初めて生演奏を聴けることになったのです!

そして・・・・。

b0093920_0465656.jpgとてもすてきでした。
色の世界と音の世界に入り込んでしまいました。
その中を気持ちよく泳いでいる感じ。

私がいつも練習している“girls”の演奏もありました。
映像と音楽をぴったりと合わせるのはきっと難しいんだろうな。高木さんはピアノを弾きながら、ごくたまに映像に目を向けているくらいでした。すごい。




          ◆


今年はすきな人たちにたくさんお会いできる年だ。

(ご本人のお話を聞く、とかコンサートで演奏を聴く、なども含めて)
もう、大好きな方々ほとんどにお会いできてしまったのではないかと思うほど。
しかもこの1年の間に・・・。

すごいなぁと思った。
自分の周りにいる方々のおかげで、
こんなにたくさんの機会を得ることができている。

つながっている方々みなさまに
ありがとうを言いたい。

そう思いながら、しあわせな色や音を思い浮かべながら
帰ってきました。

本当に、いつもみなさまありがとうございます。
いまたくさん頂いているいい空気を源に、私もがんばります。


↓ 高木さんの“girls”をみつけました。よろしければどうぞ。

[PR]
by mpana | 2007-10-27 01:25 | 美術展・個展など
モンゴルの草原
ちょうど“モンゴリアン・ピンポン”という
内モンゴルで撮影された映画をBSでやっているので
みてました。

草原と空が限りなくつづく美しい風景。
こどもたちの無邪気な姿。鮮やかな服。
毎日の暮らしぶりが映し出されていて、興味深い。
ホーミーなど、音楽もかっこいい。
むこうから風が吹いてきそう。

が、こちらのカゼは鼻カゼに変わり、
なんだか集中できず・・・。

マスクが苦手なのですが、さっきようやくマスクをしてみたら
鼻どおりもよくなり、なかなかいい具合。

映画はまだ続いていますが、改めてみることにしよう。

たぶん、とっても淡々としていてすてきな映画です。
[PR]
by mpana | 2007-10-25 22:26 | ひとりごと
カメラケース
おかげさまで、早めにカゼをやっつけることができました!

なので、久しぶりに編みもの。

b0093920_21525893.jpg“カメラケース(首さげ用)”

いつも持ち歩いているデジタルカメラくん。

“ひもを長くして、首からさげて、手ぶらでお散歩したい!”

そう思っては忘れ、思っては忘れ・・・。
やっと思い出し、あまっていた糸で作ってみました。










<この形になった理由>

 ・カメラに直接ひもを通そうかと思ったのだけど、この糸だとなんとなく唐突な感じ。
 ・ケースをつい最近なくしてしまった。

その2つを同時に解消するため、ひもの長い袋にしてみました。
ひも部分に、すでにカメラについてる(手首に巻きつけて持つサイズの)ひもを
巻きつけておけば、手を離しても、ケースのひもにカメラがぶらさがったまま
なのでだいじょうぶ。

歩いていて「おっ!」と思ったとき「すっ!」とだして「ぱっ!」と撮れるかな。
なんて思いました。

あっ、出来上がり、ちょっとひもが短かった!

自分で使うものについては、気のおもむくままで適当・・・。


*バッグを待っていただいているみなさま。
  夏仕様なので、来夏までにみなさまの分編み終えるようがんばります!!!
[PR]
by mpana | 2007-10-24 22:15 | my てしごと
カゼかなぁ・・。

早めに対策。

もう、自分のカゼパターンはここ数年で熟知。
いま!というときに自分にあった対策しておけば、ひどくならない。

その「いま!」を逃すと、ずるずるといってしまう。
たぶん、今回はだいじょうぶ。

自分の体の声、聞いてあげないといけないなぁ。
いつも働いてくれてありがとう。
[PR]
by mpana | 2007-10-23 22:43 | ひとりごと
社長と会食
社長より「会食をするのできたまえ」とのこと。

銀座の会食の会場へ。

トントン。

 「・・・・・」

トントントン。

 「・・・・・」

“失礼いたします”

 ガチャッ。

“あれっ?”

b0093920_22163530.jpg“しゃ、しゃちょう!!!”

会食に指定いただいた席にてお休みになられておりました。
どうやら、朝のうちから「歯科検診」というものに赴かれ、大変お疲れだったご様子。






b0093920_22184582.jpg“では、すみませんが、社長、お先にいただいております。”

ということで、今日はおともだちとランチ。和食をいただきました。
お天気もよく、気持ちいい。社長が眠っているあいだ、大人どうし、わりとゆったりおしゃべり。






b0093920_22203859.jpg「おい、きみたち、私が休んでいる間にすべて食べてしまったのか!」

お茶しにいくと、社長も元気をとりもどした模様。
そして、おいしいアンジェリーナのモンブランをほとんどひとつペロリ。
パスタもおいしく食べていらっしゃいました。










b0093920_22223389.jpg「少し、歩くぞ。案内したまえ!」

ということで、ケイタイ(紙でできている)のみ入れたマイバッグを片手に、銀ブラする社長。











b0093920_22243890.jpg「階段は体にいいからな。エスカレーターは使わん。こっちだ!」

階段好きな社長。
体よりも足が前にでる、という自己流のスタイルで一生懸命のぼっていきます。











というわけで、今日もかわいいちいさな社長。
ミウちゃんでした。

道端で、とつぜんピタゴラスイッチの“アルゴリズムたいそう”をやりだすミウちゃん。
すごくかわいかった。

ミウママちゃん今日もたのしかったです。
ありがとうね。
[PR]
by mpana | 2007-10-22 22:35 | おともだち