<   2007年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
今日もおめでとう!
めでたい続きです。
今日は妹みぃのバースデー。

ひさしぶりに姉妹3人みずいらずででかけました。
夜も早めから宴会。

17時からやっている韓国料理屋さんへ。
新橋の卜傳。
以前おともだちに教わったお店。

b0093920_0563457.jpgb0093920_0571686.jpg











ダッカルビ、チヂミ、キムチ(にらなどもあっておいしい)といろいろ食べてるうち
何かおいしかったもので大事なものを忘れちゃったなぁと考える。
妹がヒントをくれて思い出しました。
チャンジャがすごくおいしいんだった。

チャンジャをつまみながら
チャミスルロックにライムをしぼったのを飲んできました。

b0093920_111132.jpgそれにしても、妹たちが「今日で○○才になった」というのを改めて思うと不思議でたまらない。
(と同時に、自分の年齢も深く実感する。)

ちびのときからずっと一緒に暮らしてきて、大人になり・・・。
いつのまにか、ここまでみんなよく大きくなりました。




今夜も、楽しい時間でした。

そういえば、つーくんは今日お留守番。みぃパーティーのことはもちろん内緒。

でも、つーママのお出かけに“何か楽しいことがありそう”と気づいたのか、
「つーくんも行く~」と言って、「じゃ、この星の(図柄の)くつでいいか!」と言って
靴をはいて、一緒についてきそうだったとか・・・。

みんなで「そういう匂いみたいなものって、何かわかるんだろうねー」と言い合う。
ごめんね。今日は大人たちの会でした。たまにはね。

あらためて、みぃさん、おめでとう!
すてきな1年になりますように。
[PR]
by mpana | 2007-11-30 01:24 | つーくん ・ 家族
おめでとう!
江ノ島へ。
おともだちのハッピーバースデー。

ランチのあと、江ノ島水族館へ。

ゆうゆうと泳ぐエイをみていると、ちいさなことはどっちでもいい
みたいな気持ちになるから不思議。
ちびっこエイはすごく愉快。そしてキュート。

笹の葉みたいな色と形の、タツノオトシゴみたいなひょろ長い生物。
おちょぼ口でたまらなくかわいい。

水族館はひさしぶり。
海にもぐってきたような気持ち。

それから、江ノ島弁財天へ。
とことこ島を上がっていくとあるのですが、
今日はエスカーを使ってしまいました。
エスカーはエスカレーター。
(時間が足りなくなったので)

おみくじをひいたら、おともだちには「だるま」
私には「くまで」の小さなお守りが入っていました。
お財布に入れる。

今日の海は瀬戸内海くらいおだやか。
やさしい海でした。

ディナーは横浜方面まで移動してスペイン料理屋さんへ。
よろこんでもらえてよかったなぁ。

すてきな1日におともさせていただき、
私もとってもうれしく、楽しかった。

あらためて、おめでとう!
すてきな年になりますように。
[PR]
by mpana | 2007-11-29 00:32 | おともだち
日本民藝館展
b0093920_221338.jpg日本民藝館へ。

民藝館展は年に一度、日本各地からの民藝品が集まり、ずらりと並ぶ機会。購入もできます。
(始まってしばらくたっているので、たいてい売約済になっていましたが)

かご、器、布、木・・・。
所狭しと並ぶ生活の道具。
道具それぞれに「すきだなぁ」と思うものがありました。

首里花織で、ごく淡いグレーの糸に、ほとんど色の差がないくらいの糸で花模様が織り込まれている布。
すごく気品がある。

白い布に白い糸で刺繍をするのってすてきだなぁと思っていたのだけれど、
この首里花織の布をみて、わぁと思った。
たいへんな柄なのに、ごくごくひかえめ。
こんな仕事をされる方。きっとすてきな方なんだろうな。

もう、たくさん気になるものがあった。
行くことができてよかった。


常設展。
一部屋が河井寛次郎作品だった。

何度か行ったときは濱田庄司作品のほうが多かった。(もしくは印象に残っていた?)
それもぐっときたのだけれど、今日はじわーっときた。
心が静かになってあったかくなる。
本当にすてき。
ひとつ、河井さんの本を買ってきた。
ちょっと開いただけで、とてもすてきな言葉がならんでいたので
これを読むのは楽しみ。


b0093920_2238553.jpg特別展“インド・大地の布”
カラフル。繊細な手仕事。

気に入ったのは、一枚の手刺繍が入っている敷物。
まるで子どもの絵の筆使いみたいな、糸の運び。
花や草、動物などの図柄が
子どもの絵のように、いきいきとしている。

細かい手仕事だけれど、どこかぬけている。
そのぬけかたが、すごく愛らしかった。

ボリューム大な民藝館でした。




b0093920_22363834.jpgもうひとつ。
尾形アツシさんの陶展へ。

とてもいい。
うまく表現できないけれど。

食卓に並ぶのがものすごく楽しみな器になりそう。
[PR]
by mpana | 2007-11-27 22:49 | 美術展・個展など
完成
マフラーできあがりました。

b0093920_0114822.jpgクレークレーと呼んでいたわりに、それほどクレーっぽくない・・・。

ポップなものになってしまわないか心配だったけれど、
巻いてみるとだいじょうぶ。

なかなか楽しいものができました。
こんな感じの巻物は持ってないので
たまにいいかな。


次の日に巻いて出かけようかなぁと思い、一気に編んだら
肩こり&背中がピーン。
やはり。

ストレッチしてから眠ろう。
[PR]
by mpana | 2007-11-26 00:22 | my てしごと
小石原焼
手仕事フォーラム勉強会へおじゃましました。
福岡の“小石原焼”について。
作り手さんもいらして、技法の説明も交えながら、
お話を聞かせていただけるよい機会だった。

民藝品について学ぶと、
その土地の風土、歴史、気候、文化、といったことを必ず考える。
それらの条件から、独自のものが生まれてくるのを知るのは本当におもしろい。

小石原焼と小鹿田焼。

2つともとても近くにある窯場であり、技法もよく似ている。
でも、その場で採れる陶土の性質が異なるため、
よく注意してみると、違いが分かることを教わった。
また、陶土のみならず、立地条件からも、販売方法、作るもの(売れるもの)、も異なるため、
結果、外側にむけた仕事をするに至った小石原焼と、
作陶のみに没頭できた小鹿田焼、というように仕事をしている陶工の方々の姿勢も
違ったものになっていったそう。

ふと、自分の住んでいる場所を考えてみる。
自分の暮らしぶりを考えてみる。
すると、今いる場所からの影響を知らず知らずのうちに受けながら生活していることがわかる。
住んでいる場所。よく行く場所。
いろいろと恩恵にあやかっているんだろうな。

器のつぎは布。
“久留米絣”

経糸(たていと)に絣を入れる方法。
緯糸(よこいと)に絣を入れる方法。
経緯それぞれに絣を入れる方法。(いちばん大変)

それぞれの技法で織られた藍染の布を見せていただく。
鶴、亀、打ち出の小槌、お城、家紋・・・。
たいていおめでたい図柄が織り込まれている。

こういった図柄の布は、婚礼のときに持たされたりするものだったそう。
藍色はすごくいい。

おもしろかったのは、
「日本の昔のものは、みんな美しい!今はだめだなぁ。」なんて、
昔のものは全ていいように言う人もいるけれど、
こういう時代のものでも下手なものはたくさんあるから、
全部いいというわけではないんだよね!というお話。

昔も今も、美しいものとそうでないものはあって
美しいものを見る感性は各々磨くしかない、ということが分かった。

夜ごはん。主に小鹿田焼の器がたくさん使われているお店にて。
さっきまで手にとってみたり、話題にしていた器たち。

参加されているみなさん。いろいろやっていらしておもしろい。
いいもの、いいこと、どんどんたくさんの人たちと共有したい。
[PR]
by mpana | 2007-11-25 01:57 | 美術展・個展など
早慶戦
秩父宮ラグビー場へ。
何年ぶりかに早慶戦を観てきました。

b0093920_23264144.jpgお天気もよく、日なたに座ることにしたのであったかい。

某商社のおとなり。でっかいビル建設中。そんな高いのにしなくたっていいのになぁ。
空がせまくなってさみしい。







b0093920_2329633.jpg熱い!!(そして若い!!)

今日の試合、私がみても、圧倒的に機敏さ、瞬発力、チームワーク、全てにおいて早稲田が勝っていた。
一旦早稲田ボールになると、気持ちいいくらいにどんどんつながって前へ前へと行く。

結果は 40-0 で早大圧勝でした。




b0093920_23382712.jpgなかでも、大活躍だった五郎丸選手。

絶対的な安心感。すごいつよい。













大学生。若さあふれるエネルギー。
よかったなぁ。

早大を応援しているわが家。
なので、必然的に私も小さな頃から“早大びいき”で、
「都の西北」を歌えた。

いまは大学生そのものを応援という気持ち。

でも、こうなると、来月の早明戦が気になるなぁ・・・。


*そういえば早大チアリーダーのみなさんのチーム名が
  “ビッグ・ベアーズ”だった。ん、なるほどねぇ。
[PR]
by mpana | 2007-11-23 23:55 | ひとりごと
あったかくすれば・・・
さむい、さむい。

クレーはやっと100cm。
一気にぐーっと編むと、もうれつな肩こりにおそわれるので
毎日すこしずつちまちまと。

もう少ししたら巻いてでかけられるかも。

あったかグッズ満載で冬をのりきろう!

          ◆

それにしても、運動がなかなかはじめられない・・・。

体力をつけないと、という思いはあるものの、
もともと運動癖がないので、こればっかりは非常に腰が重い。
筋肉がつけば、肩こりともさよならできるんだろうけれど。

ご近所の新しいジムに行ってみようかな、
と考えては、過去の実績とともに、コストパフォーマンスがよろしくなかったことを思い出し、
じゃ、手軽にできるし、ランニングとかしてみようかな、
と考えては、だいたい全く走れない上に、朝の厳しい寒さにおののく・・・。

ほーんと、だめだなぁ。
でも、朝ランにけっこう憧れを抱きはじめたのです。
朝陽をあびるのはすごく気持ちよさそう。

あったかーくしていけば大丈夫かな・・・。
結局ウォーキングになっちゃいそうだけど。
[PR]
by mpana | 2007-11-22 22:54 | my てしごと
石田誠さん
b0093920_1351943.jpg“石田誠陶展”

うつわ祥見さんへ。

焼締の器がならぶ。
すべて同じ土を使っていると伺い驚く。
土の味に驚き、そこから様々な表情をひきだす火のすごさに驚く。








b0093920_1422312.jpgブロンズのよう。

窯の中でおこることは、本当に不思議。








b0093920_1434294.jpgとてもちいさな花器。

やさしくゆらいだ形。早くお花を入れてみたい。










さきほどお手紙を書いた。
メールではなく、手紙がよかった。
じつに久しぶり。

今日という日に感謝。
おしえてくださるみなさまに感謝。
[PR]
by mpana | 2007-11-21 01:51 | 美術展・個展など
前へ
とつぜん、テスト間近の受験生のようなきもち。
いままでのおさらいのように
色々と本を読んだり、眺めたりする。

意気込んでいて空ぶりするかもしれないけど、
とりあえず、いってみよう。

それにしたって緊張する。
もう、自分のきもちをそのまま伝えるしかない。

そんな日まで、あと1週間。
とにかく、おちついて。

高木さんの“grace”をずっと聴く。
心がやわらぐ。

          ◆

そういえば、数ヶ月前になると屋さんですてきだなぁと思った
トルコブルーの器。

その前に、別の本で見ていたことに今日改めてきづいた。

それは、中川ちえさんの本で、器にグレープフルーツがのっていた。

目の覚めるような鮮やかなブルーに、みずみずしい黄色がすごくきれいで
とても印象に残っていた。
たしかその本を陶芸教室に持っていって「こういう感じのを作ってみたい」といって
私もトルコブルーの釉薬をかけたのだった。
(あれほど深いこっくりとしたブルーにならず、ちょっと悲しかったのを覚えている。)

そういえば、本でみたときは作家さんの名前を気にしていなかったので
すっかり忘れていたのだけれど、
なると屋さんで会ったときに教えていただいたのと同じ、吉村和美さんの器だった。

「あぁ、こういうことなんだ!」と思った。

たぶん、すてきなものは、どこでどう出会っても「わぁ」と思う。
「いいな」と思う。

作品のひとつひとつに名前がかいてあるわけじゃない。
でも、そこにあるもの ・・・・空気、表情、作り手の方の気もち、もしくは作り手自身、
それらは、ひとつの個性として、きちんと器にある。
場所を変えても、時を変えてもやっぱりそこにある。

2つの器が自分の頭の中でリンクしなかったおかげで(!)
2度も感動できてしまったけれど、やっぱり、「いい」と思うものは
何度出会っても「いい」んだ。
自分がひかれるもの、それを信じようという気持ちにますますなった。
[PR]
by mpana | 2007-11-19 21:48 | アート
鎌倉にて
鎌倉へ。
いつもどおり。

b0093920_23373728.jpgなると屋+典座さん。

さつまいものごはん。春菊と大根とゆずの汁。ひじきとしめじを皮にくるんでパリッと揚げたもの。塩もみの赤かぶ。小松菜とえのきのおひたし。ごま豆腐。

ほっ。あったかい。
今日のごはんのおかげで、ここのところのぼんやり頭がすっきり、それどころか急速回転しはじめる。やっぱりそうなんだ!わかった。

とても温かく、さらに気持ちは燃え上がり、
寒いはずなのに、コートを着ずにがしがし歩く。
エンジン始動。

パン屋さんでスコーン。
Dahliaさんでとても大きなストール。グリーン。

2色でまよっていると、店主さんではなく、お客様が
「グリーンのほうがあなたの個性がでていてすてきよ。赤だと個性がしんじゃうわ」
と言って、見立ててくださった。その方もブティックをやっているそう。
おともだちはイエロー。自他ともに「これがよいでしょう!」だった。
おもしろいねぇ。

そういえば、洋服や小物でグリーンを選んだことってほとんどないのだけど、
今日はグリーンに手が伸びた。
いま、さっそくひざ掛けに使っている。とってもあたたかい。
冬にグリーンはうれしい色だということに気づく。

b0093920_235919100.jpg苔が美しいお寺へ行きたくて、杉本寺へ。

鎌倉でいちばん古いお寺。こじんまりとしていて、静謐で、すごくいいお寺。








b0093920_01397.jpgb0093920_011628.jpg














その後、小町通りに穴場のカフェをみつける。
アイスコーヒーをたのむと、半立てほどの甘くない生クリームが
ふんわりとのっていた。

そういえば、お寺に歩いていく途中の裏道にも、すてきカフェをみつけた。

夜は、ボジョレーヌーボー2007が解禁されていない洋食屋さんで、
2004のボジョレーを飲む。

鎌倉。
いつきてもすごいところ。
すてきなことがひっそりとたくさん。

鎌倉もおともだちも、ほんとにいつもありがとう。
[PR]
by mpana | 2007-11-19 00:19 | 自然