<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
トイカメラケース
コンデジとデジイチでとった写真。
これまでぜんぜんプリントなどしていなかったものたちを、
ここのところいそいそとプリントしている。

そして・・・・・。

デジイチのほうは、実物よりもいささか(どころか度をこえて)鮮やかすぎる写りが多く、しゅんとしていた。

やっぱりむずかしい。こつこつと学んでいこう。

それと並行しながら、ほのぼのぽわーとした色や空気の写真への憧れと欲望が
うずまきはじめ、先日新しくカメラくんが仲間入り。

ちゃんととれないくせに、また新しいのを!?
というあきれた声も聞こえてきそうだけれど・・・。

HOLGAくんです。

いい加減なつくりだというこのカメラ。
だからこそのサプライズやらがっかりがあるのが個性だとか。
カメラひとつひとつでもその個性(つくり)は様々なようす。

ストラップをつければ、カメラ側のとりつけ部分ごとポロっととれたりするらしいので、
とりあえず、カメラケース作り。

b0093920_22415846.jpgb0093920_224293.jpg











フィルムカメラなんて、いつぶり?
そういえば、フィルムがすぐに見つからなかったので、結局業務用をお取り寄せ。

今日、ちょっと晴れたすきに数枚とってみた。
このHOLGAくんはどんな個性なのかな。仲良くなれるといいな。

普段でかけるときの荷物がまたひとつふえた。
それにしたって、ふだんから3つもカメラを持ち歩くだなんて、
いったい何になるつもり・・・!?

色をみているのがすきだなぁとおもう。
いろんな色に会いたい。
いろんな風にみてみたい。



今日のキーワード:
ことりたち無事到着、grace、むくむく日、ワンダーランド、
とってもかわいくてうれしい電話
[PR]
by mpana | 2008-02-27 23:16 | my てしごと
かぜがつよい
“全国の花粉症、およびハードコンタクトレンズをご利用のみなさま
 こんばんは。

 ここ数日の強風による、くしゃみ、鼻水、および、飛来物による目の違和感をやりすごしつつ、
 みなさま、すこやかにお過ごしでいらっしゃいますか?”

外出先で、そんなフレーズが頭をよぎる・・・。

突風とともにいろいろなものが飛んできているのを体感。
外にでるなり鼻で苦しんでいる最中、
“必殺 両目つぶし”みたいなものにチクチクゴロゴロとおそわれたりする、ここ数日。

防御策は・・・。

サングラスをかけても、きっとすきまから砂塵はおそってくるはず。
ゴーグル+マスクででかければ快適!?

春のまえぶれ。



今日のキーワード:
ルーシー削り、くらふとフェア、一流のものをみる、フィルムをいれる、ものづきあい読んだ、
ときどきわるノリしたいのだ・・・
[PR]
by mpana | 2008-02-26 23:29 | ひとりごと
雑記帳→封筒
ふつうサイズの封筒におさまりきらない郵便物。

さて・・・。

お! これはどうかな!


b0093920_19503913.jpgb0093920_19505050.jpg















ボクネンさんの作品があちこちにたくさんちりばめられた「雑記帳」
ネーミングはそうなっているものの、雑記することはできず、大事にしていた。

いよいよ、つかうときがやってきました。

送る相手に似合いそうな絵柄と、封筒にしたときに見える絵柄の位置を考えつつ、
2枚の紙をえらび、裏面の紙は、内側に絵柄がくるようにしてみました。

すこーし透けてみえる。
そして、封筒をあけたときに、再びボクネンさんのかわいい絵に会えると
2回たのしいかな、と思って。

丈夫な紙なので、たぶん運んでいてもやぶれたりはしないとおもう。
ことりたちと一緒に無事とどきますように。


じつは、最初にひとつ、お魚とひまわりの紙で作ったのだけれど、
字をかくときに、ちょっと失敗してしまった・・・。
宛名のところは切り取って、こちらは自分でちょっとした紙類の整理につかうことに。
たのしくなります。

b0093920_2024450.jpg
                          こちらのとりさんもすごくすき。




今日のキーワード:
さようならこんにちは、布をぐるりと巻く、ひさびさモテリーマン、いらりん、
ないけれどどうしてもほしい楽譜、“ドラムライン”
[PR]
by mpana | 2008-02-25 20:19 | ボクネンさん
ステージ
“マーチング&バトンステージ全国大会”

小中高までの学生のみなさんの
マーチングバンドの演奏やダンス、バトンなどの演技の大会。

ある女の子の応援に行ってきました。
旅の途中で知り合った、小学3年生のオキナワの女の子。

とっても体がやわらかくて、いまにもかろやかに踊りだしそうな女の子だったので、
「バレエとか体操とかやっているの?」と聞いたら、
小学校の音楽部で、マーチングバンドをやっているとのこと。

そのとき、数ヵ月後、関東の会場で全国大会が行われると聞いていたのです。

客席と舞台の間は人の顔がはっきりわからないくらいの距離だったけれど、
きっとあそこで踊っているのが彼女だな!と分かった。
今回は楽器は持たず、ダンスの演技だった。

琉球の魅力たっぷりの、すてきな衣装を身につけて、
とてもかっこよく、同時にかわいらしく、みんな手足の先まで楽しそうに体いっぱい舞っていた。
日に焼けて元気な姿もすごくいい。

毎日毎日いっしょうけんめい練習してきたのが、ものすごく伝わってきた。

とってもすてきなステージを見せてもらえて、本当にうれしかった。
ふだん接するものごととは種類のちがった元気やパワーをもらった気がする。

どうもありがとう!


演技は7校くらいしか見られなかったけれど、
みんなすばらしかった。

自身も小学生のときに、マーチングバンドをやっていた。
それほど本格的ではなかったけれど。
トランペットを吹きながらフォーメーションをくむ。
なつかしい。

会場に到着して1番最初にみたステージ。
バリバリっとした音で金管楽器が鳴っているのを聞き、
足なみがそろったかっこいい行進をみたとき、
ぞわっとして熱くなって、ちょっと涙がでそうだった。

合奏することのよろこび。

中学生のときも高校生のときも、1人の音楽に加え、大勢の音楽の中にいた。

ときどきぞくっとするようなすごい瞬間。
ひとりでは味わえない重厚感。
むかっていくときの高鳴る感じ。
爽快な合奏での数々の場面がよみがえってきた。
[PR]
by mpana | 2008-02-24 23:59 | オキナワ <旅など>
おいしいもの
b0093920_2132533.jpg
もつ鍋。
じつは、もつが苦手。
ときどき、他人のもつ煮などを一口いただいたりしてみるものの(克服したい気持ちはつよい)、
直後いつも涙目になったりしていた。

先日、「ここのお店のもつ鍋はおいしいよ!」ということで、
チャレンジで連れて行ってもらったのです。神楽坂のとあるお店。

すると・・・。
だいじょうぶ、どころか、とってもおいしかったのです。

うれしい!もつ鍋がすきになった!

ただ、食感や見た目にぎょっとするような部位(なんというのでしょう・・・)は
入っていなかったので、全部入りのもつ鍋はやっぱりムリなのかもなぁ。


b0093920_21414082.jpg
こちらは、同じく神楽坂にある和菓子屋さんの“抹茶ババロア”

誤ってほっぺたをどこかにおとしてきました。
ここしばらくの間で、最も美味しかったスイーツ。

あまりの幸福に、ぼーっとしたくらい。

いずれも神楽坂の道先案内人に感謝です。ありがとう!



今週のキーワード:

やっぱり土がすき、ちょっと模様鉢×1、ルーシー・リー×1、手がつりそう、実った話、
写真集づくり、チョコレートたくさん、あったか地方計画、楽しみだった場所のひとつはがっかり、
大村剛さんのうつわ、とうとうやっぱりHOLGAも・・・
[PR]
by mpana | 2008-02-23 22:04 | ひとりごと
カフカ的
『ある朝、私がなにか気がかりな夢から目をさますと、
自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見・・・・・』

しなくてよかった。あー、びっくりした。

本棚の奥からひっぱりだして、カフカの“変身”を読みました。
10数年ぶり。やっぱりひょえーだった。なんて話なんだ・・・。

釈然としないでいると、今度は虫というか巨大なエビが目の前にあらわれました。

b0093920_2294366.jpg

今日目の前の海でとれたのかな。
オキナワ便りのエビくん。バケツから立派な触覚がよいしょっとはみだしてる。
みなさんお元気な様子。うれしいな。

そういえば、おケイコ仲間の方から連絡をいただいたのを機に、久々にバイオリンを弾いてみた。
たまにはケースからだしてあげないとかわいそう。
しかし、こちらもカフカのごとく、ひょえー。不条理です。
あまりのひどさに愕然。
釈然としないので、フルートをだして、ピアノも弾いてちょっとすっきり。



今日のキーワード:
とってもかわいい留守電、譜面作成機、いろんな栞、
昔のひとの考えはとても新しい、
[PR]
by mpana | 2008-02-18 22:33 |
“横山大観”
b0093920_20394392.jpgb0093920_219364.jpg
















“横山大観 新たなる伝説へ”

先日、行ってきました。

じつは、近現代の日本画(なかでも特に人物画)があまり得意なほうではないので、
自分では展覧会を素通りしていたかもしれない。

今回は、おばから「よかったら足を運んでみるといいかも」とすすめてもらった。
一度観た“生々流転”にとても感銘をうけたのだそう。

最初の数枚の絵は「あ、やっぱりいつも想像する感じの日本画かもなぁ・・・」と思ったのだけれど、
その後に続く、滝が流れる絵を観た瞬間から、絵の中にすいこまれるように世界に入ってしまった。

水墨画のモノトーンの世界、そこにほんの少し淡く色づいた世界、色彩豊かな世界。
自然、多くを風景画が占めている。

すべてが、各々の持つ光のニュアンスや空気感を
そのまま絵に取り込んだかのように表現されていて、
雄大さと繊細さが同時にあった。自然の姿そのものだった。

ただただ圧倒されてしまった。

やはり、おばがすすめてくれた通り、すばらしかった。
生々流転は、とんでもなく長い巻物。こんな作品が世の中にあるだなんて・・・。
実物を観ることができてよかった。後からまた深くそう思うんだろうと思う。

もう、本が増えて仕方ないから図録はよっぽどでなければ買わないことに以前決めた。

けれど、大観は図録を持ち帰った。
よっぽどだったのだ。



今日のキーワード:
海山カメラ散歩、、遠足with 鳩サブレ、光と影を知る、プリントしてみた、みつけた木が2本、
「おっめずらしい」と気づくことはみなもわりと気づいていたりするということ、
ノスタルジーな写真、発表会のお知らせ、心機一転、
[PR]
by mpana | 2008-02-15 21:49 | 美術展・個展など
いやげもの!?
b0093920_21182418.jpg
こんなかっこいいおみやげ、いただきました。
そう、彼はサイババ。しかもなぜかワイキキのDFSの袋に入ってる。

さすがだなぁ。ストライク!!

いつも笑わせてくれる後輩ちゃん。
すごくかわいい銀細工の小物入れ(サイババとともにインドみやげ)ももらったのだけれど、
メインはあくまでサイババなのだそう。こんないいサイババは他にいなかったらしい。

このほほ笑み、たまりません。大切にしよう。ありがとう。

そうそう、昨日は殿方からチョコレートをいただいた。
すごくおいしいトリュフ。なんでも特別なもので予約までしてくれたとか・・・。
おいしすぎて、1日でたくさんいただいてしまった。
ありがとうございます。

バレンタイン。
あぁ、今日どうなったかなぁ?
なんて人のこと気にしてる場合じゃないか。

          ◆

映画「めがね」オリジナル・サウンドトラック





映画音楽すごくよくて、すぐさまお取り寄せしてしまった。
メルシー体操の図解まででていて、たまりません。

さっそく流しては、ゆるゆるしてます。

1冊本も届いたので、また夜のお楽しみ。
いつか買うんだろうな、とずっと思っていた本。
[PR]
by mpana | 2008-02-14 21:22 | おともだち
めがね
先日おしえてもらった映画。
まだ上映しているところがあったので、さっそく観に行く。

めがね

とってもとってもすてきな映画だった。
なんだかうまく説明ができないのだけれど、とにかくすごくすきだった。
流れている空気と音楽。

与論島が舞台なので、島がすきな人にとってもきっとたまらないんだろうな。
おしえてもらってほんとによかった。
ありがとう。

おじゃました映画館はとても気立てがよく(場所はわかりづらかったけど)
2本立てで“かもめ食堂”も上映していたのでこちらも観ました。

以前観たときと同じところで心が喜んだのが分かった。
白く淡く繊細な北欧の光。
おいしいごはん。

どちらの映画も、もたいまさこさんがすてきすぎて、
ふと気づくと、もたいさんの笑顔が頭に浮かんでくる、そんな1日でした。
あの笑顔、心強く確信に満ちているなぁ。
[PR]
by mpana | 2008-02-12 23:44 | 音楽
アラビアン
b0093920_2322972.jpg
                              “にほんごだけどアラビア文字”


最近のお気に入り。こんなのちょっとおもしろいかな、と思っている。

日本語に見えない上に、じぶんでもなんて書いたかわからなくなっちゃう。
そこがまたたのしい・・・。

今日はひさびさに、イランで買ったコーランのCDを聴いた。きれいだなぁ。
イスラム圏。まだまだ行ってみたい。

          ◆

そういえば、旅番組でマリ共和国の“泥のモスク”をみた。
すごくひかれた。
毎年のモスクの修復作業。街の男の人たちがみんな集まって、
モスクにいともかんたんによじ登って、乾いてひびわれた土の壁のすきまを埋めるように
手で直接泥をぬりつけていた。こてのようなものは登場しなかった。
作業しているそばから、どんどん太陽が土壁を乾かしてくれる。

なんていさぎよく気持ちよい。
特別なものなんて何もいらないのかもしれない。

モスクの内部。
すずしくやわらかい光の入る空間。
まるで、外の焼けるような陽射しと熱気はどこかへ行ってしまったみたい。

きれいに列をなした人々が、メッカのほうへ向かって祈る。コーランが流れる。

アフリカ。

なんだろう。
「わぁ」と思う感覚が、ほかとはまた違った種類。
魂にぐいっといきなりとどいて揺さぶられるような。

人々も色彩も音楽も。

ああ、いろんなところに行ってみたいなぁ。
[PR]
by mpana | 2008-02-11 23:57 | ひとりごと