<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ガラス
b0093920_2356932.jpg


水滴のようなガラス。
つるんとしていて、ぽってりとまるく、なんともかわいらしい。

これは、先日おじゃました庄子早苗さんの展覧会で
ひとめぼれしたペーパーウェイト。

机の上にちょこんといるので、何かやっている最中
ときどきそちらにそっと目をやる。
きゅっとうれしくなって、また元の作業にもどる。

吹きガラスでひとつひとつ作られる庄子さんのガラス。
まっすぐで、シンプルで、愛らしい。
どのうつわもすこしずつ形がちがっていて、
そのどれをもすきになってしまいそうで、ちょっと困った。

グラスなど、みていても
「きりっと冷やした日本酒をこれで飲んだらおいしそう」
「あー、これには食後酒を入れて飲んでみたい」
とお酒ばかりなのはともかく、
いろいろ想像し、うれしくなって、の繰り返し。

なやんだ末、ひとつグラスをいただいてきた。
さっそく手になじんでしまった。
この先ずっと大活躍してくれるはず。

b0093920_025510.jpg

[PR]
by mpana | 2008-06-30 23:59 | 美術展・個展など
海のむこうへ
家族のお仕事やお勉強の関係で、数年海外へ。
これから行く人、いま行っている人、行って帰ってきた人、
周りにけっこう多い。

昨日も、これから海外暮らしとなるおともだちを囲んでの壮行会。
しばらく会えなくなるという実感が全然ないのだけれど。
気をつけて行ってきてね。 レッツエンジョイイット!

そのおともだちからでてくる色の印象。
そこに、とってもキュートなところと、志しが高く立派なところが
あわさったらこんな風になった。

b0093920_2147369.jpg


          ◆

昨日、バイオリンの発表会があった。
以前のおケイコ仲間のみなさまのステージ。
みんな大緊張。
見ているだけの私は気楽・・・。
やっぱり、見てると弾きたくなってしまう。

今日はちょこっとだけ楽器をだして弾いてみる。
家ではやっぱりきびしいなぁ。
あまりにひどすぎるし、その上音が大きすぎる。
すぐピアノに切り替える。

こんど久しぶりにカラオケで練習しよう。
[PR]
by mpana | 2008-06-29 22:26 | おともだち
トークライブのお知らせ
今日はお知らせです。

いよいよ来月12日より、明治神宮にて
名嘉睦稔 木版画展 “命の森” がはじまります。

こちらの会期中に、なんとボクネンさんのトークライブが2回あります。
先着順での申込受付が開始されましたので、ご紹介します。
(メールでの申込みとなります)

【トークライブ内容】

■陸の森トークライブ(200名)
 日 時:7月13日(日) 13:30~15:30
 会 場:明治神宮 社務所講堂
 出演者:名嘉睦稔
     今泉宜子(明治神宮国際神道文化研究所 主任研究員)
 入場料:800円(展覧会チケット代金)

■海の森トークライブ(200名)
 日 時:8月17日(日) 13:30~15:30
 会 場:明治神宮 社務所講堂
 出演者:名嘉睦稔
     龍村 仁(映画監督)
     高瀬 毅(ジャーナリスト)
     「地球交響曲(ガイアシンフォニー)第四番」名嘉睦稔編上映
 入場料:800円(展覧会チケット代金)


 *お申込方法 および 参加希望メールの宛先は
   こちらをご覧下さい ↓

   http://inochinomori.blogspot.com/2008/06/blog-post_25.html


ボクネンさんのお話は、もう、とにかくすごくおもしろくて、
いつまでもお話を聞いていたい、と思ってしまいます。
びっくりするような自然のお話など尽きないのです。

今回、森をテーマにどんなお話が聞けるのかな。
どちらの回も、きっと楽しいお話が盛りだくさんだと思います。

海の森トークライブのほうは、すでに申込が多いようなので、
ご希望の方がいらしたら、お早めにどうぞ。
[PR]
by mpana | 2008-06-26 23:27 | ボクネンさん
つぼみ
b0093920_22263727.jpg
                           “もうすぐさくわよ”


ふくらんでいく感じ。
ここまでの色々がぐっとつまって、いよいよつぼみ。
たくさん集まって、光の方へむかってのびていく。

昨晩はおもいがけず、すてきな方々とご一緒させていただいた。
そういう方たちの集まりから生まれるものは、
やっぱりいいもの、すてきなことにつながっている。

いろいろなことがある中で、
心からいいと思うものに心からの気持ちで向き合う、
このシンプルなことが実はかなり難しい。
でも、ここだけはたいせつにしたい。
これから何かを進めていくときも、このことだけはゆずらないようにしたい。

          ◆

一冊の本が送られてきた。

森や自然がでてくるお話なのだそう。
そして、主人公がぐうぜん私と同じ名前なのだそう。

さりげない贈り物がすーっとできるすてきな大人。
そんな粋な人になれたらいいなぁ。

これから楽しみに読もう。
[PR]
by mpana | 2008-06-25 23:04 | ひとりごと
修行
b0093920_2345061.jpg
鉢のようなお皿、焼きあがっていました。
あとマグカップも。

これからしばらく “ろくろ修行”スタイルでいくことになった。
もっとろくろ技術をいっぱい身につけたい。

なぜ、この言葉にこれほど魅かれるのかわからないけれど、
“修行”ということになると燃える。 よっしゃー、やるぞー!気合が入る。

作りかけのものたちも、だいたいおわったので、
次回からは、もくもくとろくろをやろう。

めざせ職人!?
[PR]
by mpana | 2008-06-23 23:39 | my 陶芸
森のひみつ
ボクネンさんの夏の展覧会 “命の森”

ギャラリーには、待望のポスターやチラシが
どーんとやってきていました。

ものすごくかっこいい赤。
森の緑に映える赤。

できあがった展覧会カタログ(図録)のサンプルを見せてもらって
どきどきしてしまった。
観たい作品がぎゅっとつまっていて、とても贅沢。

中にはできたての新作たちも並んでいました。
この夏初公開の作品たち。
すごくすてきだった。

森のひみつをちょっとのぞいてしまったかんじ。

森の生命力の強さ、たくましさ、それらが持つ美しさ。

ボクネンさんがそれらを見せてくれることによって、
自分が森や自然に包まれたときに感じる気もちの幅が
さらにぐいっと増え、よろこびが増える、見えなかったものが見える。

そんな力をもらえる作品たちだった。

原画はものすごそう!早く観たい。



展覧会サイトはこちらです ↓


[PR]
by mpana | 2008-06-20 23:59 | ボクネンさん
ひまわり
ヴラマンク展へ。

佐伯祐三が影響を受けた画家の1人と知り、
ちょうど、展覧会をやっていたので観に行ってきました。

雪の積もった街の様子が描かれた作品が
すごくよかった。
道。真っ白な雪にところどころ土が入り混じっている様子。
両脇には、白いまま掃いて寄せられた雪。
その質感と色使いにひきこまれてしまった。

よかった。

でも、私にはやはりゴッホだった。
損保ジャパン東郷青児美術館には、ゴッホのひまわりがあるのです。

b0093920_15246.jpg
ひさしぶりに、絵画の前に立って、涙がでた。

これほどにすごいものがある。
それを実際に目にすることができる。

こんなしあわせなことってないと思った。

ゴッホが弟テオに宛てたたくさんの手紙の内容が頭をよぎる。
ひまわりにとどまらず、いろいろなことが自分の中で一周して、
なんとも言葉にしがたい気持ちで、ずっと絵の前にいた。

目が覚めた。


          ◆

いつもそっと、かつ盛大に応援してくれているみなさま。
ありがとうございます。
改めて身にしみました。

ときどき、その自覚がなくなっていることがあって、
しばらくすると、思い出させてもらうことに出会う。

今日もまたそうでした。
みんなの喜ぶ顔がすごくうれしい。
忘れそうになったら、ここを見て思い出そう。
[PR]
by mpana | 2008-06-18 23:59 | 美術展・個展など
飲むときのうつわ
b0093920_033684.jpg


ほっ。

ここのところ、会つづき。
なので、ここで少々胃にやさしいものを。

といって、コーヒーはやさしくないか・・・。
あたたかいスープなど、じんわりとうれしい。

          ◆

何かを飲むときによく使っている、いくつかのうつわ。
使う頻度が高いせいか、家にやってきたときと比べ、
みなどんどん育ってきている。
貫入が増え、色味も変化してきていたり。

そういえば、すっと手にとる回数が多いものと、そうでないものがでてきた。
これはいつもそばにないと弱っちゃうな、といううつわもでてきた。
使ってみないとわからないことが、少しわかってきたのかもしれない。
[PR]
by mpana | 2008-06-17 23:59 | ひとりごと
もうおしまい?
いつか いつか と思っていながら
先のばしにしてきたもの。

それは歯医者さん。

とうとう行ってきました。
虫歯かな、と思うところがあったのです。
かれこれ7、8年ぶり。
比較的新しい医院を見つけたので、そちらへ。

行ってみてびっくり。
なんと今日1日で歯の治療そのものは完了。

一度かかると何度も行かなければいけないんだろうなぁ、と覚悟していたので
「え、今日だけでこんなにやっていただけるんですか?」
と思わず聞きたくなってしまった。

技術の向上のおかげなのか、善意なのか、両方なのか・・・。
すごくありがたい。

一人ひとりのシートの横に小さなモニターがあって、
治療過程の歯の様子をそこに映しながら説明してもらえたり、
口をすすぐお水が紙コップに自動的に用意されるシステムだったり、
設備にいちいち「おお!」とびっくりしてしまった。

なにより治療がとてもよかった。

ずっと気になっていたので、なんだかすっきり。
痛いのが1日でおわってくれてうれしいなー。
[PR]
by mpana | 2008-06-10 23:44 | ひとりごと
ちいさな王子
先日、ファミリー大集合しました。
来月からしばらく外国暮らしとなる妹夫婦を囲んでの会。
たのしかった。

気をつけて行ってきてね!と言ったものの、
まだ出国前に度々会う予定でいるのです。
なにかにつけて、壮行会と称してみたり・・・。

中盤からは、みなさんの数々の美声や
ちいさな王子・つーくんの上手な歌なども聞き、
わぁわぁ騒いでいると、あっという間。
みなさま、おつかれさま。

          ◆

b0093920_013247.jpgつーくん、あいかわらず目に入れてもいたくないほど
かわいくてしかたがない。

この日の食事の前、山下公園など散歩していると
ものすごい数のアリがわさわさと右往左往しているのを発見。
するとつーくん、うれしそうに たたたっ と近づき

「うわぁ~ すごーい。なにしてるんだろうね~。
つーくん、もう、こういうの、いちばんすきなの~!」

なんて言ってる。その表現にぐっときてしまった。
顔を地面すれすれまで近づけ、心から楽しそうに観察しているのをみて、
こちらまですごく楽しくなる。


あとで 「山下公園たのしかった?」

聞いてみると、

「うん、すごーくたのしかった。
海のなみが じゃぶっ とかかるくらいまできたりー、
ハトがいーっぱいあそんでたりー、アリさんもたくさんで、
お花もすごーくきれいだったねー!」

感想が、まるでセリフを読んでいるみたい。
大人だったらすこし大げさなほど(!)抑揚もある。
でも、本当に自分の感じた気持ちそのまま。

素直な感情の表現って、すごくかっこいいなぁ。
ストレートな言葉にいつも清々しい気持ちをもらう。

やっぱり、王子だ。
[PR]
by mpana | 2008-06-09 23:59 | つーくん ・ 家族