<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
子供の領分
“ゴリウォーグのケークウォーク”

なんてへんてこりんな曲なんだろう、と
昔は思っていた。

“月の光” 音楽の時間に聴いたとき、
ふうわりふわーっと淡い光が自分の中に入ってきて、夢みたいになった。
それで、ドビュッシーの曲集をCDで探してさっそくいろいろ聴いた。
でも、他の曲は2、3曲をのぞいてはもやもやの印象だけ残った。
たぶん中学生のころ。

その後、時間がたつにつれて
もやもやだったものから、絵がたちのぼってくるみたいに思える曲が増えていって
同時に譜面もいっしょに増えていった。

そういえば、曲集“子供の領分”の譜面は持っていなかった。

いまになって手にしてみる。
象とか雪とかある。
おもしろかったりきれいだったり。

へんてこりんと思っていた曲(この曲集にある)を弾いてみたくなって
やってみると、音をたどるだけですごく楽しい。
かっこいい音の羅列やリズム。

想像。
なんて楽しい。

年を重ねることのよろこび。
まさにこんなときにふかく味わう。

b0093920_23591989.jpg

[PR]
by mpana | 2008-08-26 23:59 | 音楽
夏のお祭り
昨日は、納涼祭。

ちょっと肌寒く、ぽつぽつとときおり雨が降る中で。

いつも幼なじみたちに会えるのがうれしい。
ここ数年のうちに、約束せずともこの日には会える、という日になりつつある。
子どもの頃からお世話になっていたピアノの先生にも毎年お会いできて
それもすごくうれしい。

もちろん、つーくんも祭にやってきました。
おじさんたちが演奏している太鼓をたたかせてもらったり。

一晩明けて・・・。

つーくん、夏休みがもうじきおわってしまうのが悲しいらしく
帰り際になみだをぽろりぽろりと流していた。

「あぁ、その気持ちわかるなぁ」と
やはり子どものころ、夏の終わりが切なかったことなどおもいだす。
まぁ、大人になってもそうだけれど・・・。

大人のほうは、自身がその気持ちにわざと気づいていないようにふるまう方法や
そうと悟られないようにする技なんかをちょっと多めに身につけてきているけれど、
感じていることとか気持ちということに関しては こどもも大人も変わらないなぁ。

そういうことをよく思う。
で、自身がはっとすることに思い当たったりする。

つーくんにはいろいろ学ばせてもらっているなぁ。 
ありがとうね。



b0093920_039518.jpg

[PR]
by mpana | 2008-08-24 23:59 | つーくん ・ 家族
偉人
ここ2日ほどすずしい。
ちょっとだけ秋の気配がまざってる。

昨晩 “ボクの音楽武者修行” をひさしぶりにめくる。
こんなに爽快なエッセイをほかにあまり読んだことがない。
かっこいいなぁ。
すごい人はほんとにすごい。あたりまえだけれど。

本の中にいくつかあるモノクロの写真。
オザケンにすごく似てる。
(オザケンがすごく似ている、かな。)
元気かなぁ、オザケン・・・。


ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)
小澤 征爾
[PR]
by mpana | 2008-08-22 23:59 |
ふたのこと
先日、腱鞘炎になった。

そのとき、思ったこと。

「人は人生のあいだに(または1日のうちに)
どれほどの数のふたを開け閉めしているのであろうか」

その動作がちょっと手に負担で、出会うたびにいつもとちがうやり方で取り組んでいるうち
あちこちにふたが多いことに気づいた。

朝おきて、顔を洗うのに洗顔料、化粧水、から始まり、
数々のふた類を開けては閉める、ひねってはもどす、の繰り返し。

意識せずに、まいにち色々なふたをたくさん開け閉めしているんだなぁ。

ちゃんと元にもどしてあるから、一見何事もなかったかのようだけれど、
ふたたち、じつはいっぱい働いているなぁ、と。

働いているのに、それを感じさせないたたずまい。
そのひかえめな姿に、ちょっと好感すらいだいてしまった。

そんな彼らに敬意をはらって
ここ数日は、ちょっとだけ丁寧にふたを開け閉めするようになったのでした。

すぐ忘れちゃうんだろうな。

ちなみに腱鞘炎は早めに対処してたので、わりとすぐに復活。
気をつけないとなぁ。

         ◆

コトリンゴさん

すっぽりとはまってしまった。
たまりません。

声と言葉と音で絵を描いているみたいな。

もうじき新しいアルバムもでるみたいでそちらも楽しみ。

songs in the birdcage
コトリンゴ
[PR]
by mpana | 2008-08-21 23:59 | 音楽
来訪者
b0093920_1204528.jpg

庭園美術館。 
すぐ隣は首都高だというのに、敷地奥の庭園や美術館(旧朝香宮邸)は閑静で、
都心であるのを忘れるほど。

展覧会 舟越桂 夏の邸宅

彫刻。
元来、人の形をした作り物が得意ではないので、
美しいし、すばらしいと思うものの、
いちばん強く思ったのは こわい だった。

すると、家族連れで訪れていた子どもたちの中にも
彫刻をみるなり 「こわい!」と言って、走り去っていく子がいたり。

同じだなぁ。

ものすごくリアルでありながら、焦点があっていないような、うつろな目。
不思議な体つきをした彫刻もあちこちにある。

おもしろかったのは、
男の子のほうが、こわがっている子がおおく、
女の子はわりと冷静に観察していたこと。

好みはさておき、いろいろなものをみてみるのは面白い。


b0093920_2395153.jpg
庭園にて、とつぜん目の前をかけぬけていった男の子。

サングラスしてたんだね。
とっさすぎて分からなかった。

ほんとうは、ちがう風に撮ろうと思っていたところだったんだけど
急な来訪大歓迎。

そういえば、
梅佳代ちゃんの“じいちゃんさま”
リトルモアでやっていた写真展は行きそびれてしまったので
かわりに本屋さんでページをめくる。
くすっ、わはは、そしてほのぼのな気持ちになる。

いいなぁ。
[PR]
by mpana | 2008-08-20 23:59 | 美術展・個展など
空模様
b0093920_224732.jpg


土にじっくりと取り組む。
しまいには前傾姿勢のまま固まりそうになりつつも爽快。

外へ出て、半日ぶりくらいに背すじを伸ばしてみると
なんときれいな空模様。

いろんな絵具でしゃっしゃっと線をひいたみたいな雲などに遭遇すると
大画面でみたい気持ちに駆られ、
ひらけた場所へいそごう!と思う。

そういえば、「まるで絵みたいな空だなぁ」とときどき思うけれど、
「まるで空みたいな絵だなぁ」ありき、ということに気づいて
なんだか可笑しくなった。

b0093920_2341152.jpg
                     くろっぽい魚たち と 彼方に小さなモスク にみえた
[PR]
by mpana | 2008-08-15 00:31 | 自然
ごはん
b0093920_22462798.jpg


ごはんをもりもり食べよう。

この夏は、わりとしっかりごはんを食べている。
考えごとや、いろんなこと、そして夏バテも
みんなごはんパワーで吹き飛ばしちゃえ!という具合。

          ◆

「残念ながらご縁がございませんでした」
このフレーズに思いをはせてみる。

「別のところにご縁があるから、ここにはなかった。」
とポジティブに考えてみると、
それもなかなか悪くないな、という気もする。

          ◆

オリンピック。
先日のヤワラちゃんの試合後のコメント。なんともよかった。
北島選手金メダルおめでとう。うぉーとなってしまった。
体操の内村選手、母と私の間で大人気。
[PR]
by mpana | 2008-08-11 22:51 | ひとりごと
viva la vida
ひきつづき音楽。

先日なにげなく流れる音楽にぐいっと胸をつかまれる。
アップルのCMだった。

ポリスかな、と一瞬おもってしまった。
すると彼らがあの coldplay だった。

ものすごくかっこいい。
ひさびさUKロックにやられてしまった。

なんだか士気がものすごく昂まってくる曲。

サマーソニックのためにちょうど来日するらしい。
この1曲だけでいいから聴きたいなぁ。


[PR]
by mpana | 2008-08-07 23:59 | 音楽
999
昨日から、頭の中でとまらない音楽。

それは、なつかしい“銀河鉄道999”
もちろん、原曲(ゴダイゴ)のほう。

この曲のことをちょっと忘れていたけれど
幼い頃ぶりにきちんと聴いて
改めてかっこよさに大興奮。

いい曲だー。
 
[PR]
by mpana | 2008-08-06 23:08 | 音楽
かんざし
不思議なくらい、興味あるものごとなど
共通項がたくさんある方々とお会いする。
キーワードひとつから、いろいろなつながりが泉のようにわきでてくる。

ずっと驚きっぱなしの1日。
こういうことってあるんだなぁ。

この出会いのきっかけを作ってくれたのは
セツローさんのかんざし。

あの日、かんざしをしていて本当によかった。
すてきな出会いに感謝です。

b0093920_0344952.jpg

[PR]
by mpana | 2008-08-03 23:59 | アート