<< えほんを作ろう 日本家屋 >>
アニス酒
b0093920_20265429.jpg昨日は「カサデフジモリ」でスペイン料理でした。
お酒大好きなお仲間の後輩ちゃんと。









b0093920_2030123.jpgまずは各々スペインビールということで頼んだら、私のほう“ボールダム”はアルコール7.8%だそう。いきなりやる気!?それにしても、最近なんだか会う度に可愛くなっていってる後輩ちゃん。今日はいろいろ聞いちゃいました!飲みながら食べながら、また飲みながら・・・。やっぱり恋しているひとってどんどんきれいになる。可愛いパーマをかけていたので、「いいね!」って言ったら、「会社の○○さんには、昔の野口五郎みたいって言われたんですー」なんて言ってる。「というか、昔の五郎がわかんないよね~!」って大笑い。だいじょうぶ、とても似合ってた!

b0093920_20362683.jpgそして、仕事についても飲みながら、食べながら、いっぱい語る、語る。ちょうど一緒にお仕事していた時期も2年くらいあったので、その頃がいちばんよかったね!なんていいながら。
私からみたら、彼女はいつまでも後輩だけれど、彼女もどんどん後輩に囲まれてきていて大変そう。





b0093920_2046164.jpgしゃべってるうちにパエージャがやってきました。もちろんワインも。リオハ白。









b0093920_210748.jpg食後酒もいただきました。
私は、旅行以来はじめてお目にかかれた「アニス酒」(左側、氷にとけると白く濁るのです。)
彼女は「どんぐりのリキュール」
そして、食後酒って二杯も飲むものかわからないけれど、もう一杯ずつグラッパのようなお酒(名前わすれちゃった)をいただきました。
これは最後にききました。



気づけば閉店。話も尽きず楽しかったー。
なんだかすっかり元気をもらっちゃいました。
わたしも、いろいろがんばるよ。
また、遊ぼうねー。


★アニス酒

アニス(セリ科のハーブ)で香りづけしているお酒だそうですが、これと似た香りに スターアニスがあって、それは中華の香辛料「八角」と同じものだそう。
じつは、八角は少量ならいいのだけれど、ちょっと苦手。でも、アニス酒はくせがあるのにとてもすき。意外だった。
アブサン(幻のお酒)は芸術家に好まれたお酒だったのだけれど、体によくない成分があったため、製造禁止となり、その代わりにアニス酒などが売られるようになったそう。
そのアブサン愛好家のなかに、ゴッホの名前がありました。
そうかー、こういうのを飲みながらあんな絵を描いていたのね!と思い、感慨深い気持ちになりました。

“ゴッホの手紙”少しずつ読んでいるけれど、切ない。画材道具をそろえるのにも苦労しながらの生活。それでも、芸術を信じ、続いていく芸術家たちの生活が少しでもよくなれば、という思いで行動するゴッホ。すごい。
[PR]
by mpana | 2007-02-04 21:28 | おともだち
<< えほんを作ろう 日本家屋 >>