<< 偉人 来訪者 >>
ふたのこと
先日、腱鞘炎になった。

そのとき、思ったこと。

「人は人生のあいだに(または1日のうちに)
どれほどの数のふたを開け閉めしているのであろうか」

その動作がちょっと手に負担で、出会うたびにいつもとちがうやり方で取り組んでいるうち
あちこちにふたが多いことに気づいた。

朝おきて、顔を洗うのに洗顔料、化粧水、から始まり、
数々のふた類を開けては閉める、ひねってはもどす、の繰り返し。

意識せずに、まいにち色々なふたをたくさん開け閉めしているんだなぁ。

ちゃんと元にもどしてあるから、一見何事もなかったかのようだけれど、
ふたたち、じつはいっぱい働いているなぁ、と。

働いているのに、それを感じさせないたたずまい。
そのひかえめな姿に、ちょっと好感すらいだいてしまった。

そんな彼らに敬意をはらって
ここ数日は、ちょっとだけ丁寧にふたを開け閉めするようになったのでした。

すぐ忘れちゃうんだろうな。

ちなみに腱鞘炎は早めに対処してたので、わりとすぐに復活。
気をつけないとなぁ。

         ◆

コトリンゴさん

すっぽりとはまってしまった。
たまりません。

声と言葉と音で絵を描いているみたいな。

もうじき新しいアルバムもでるみたいでそちらも楽しみ。

songs in the birdcage
コトリンゴ
[PR]
by mpana | 2008-08-21 23:59 | 音楽
<< 偉人 来訪者 >>