2008年 08月 26日 ( 1 )
子供の領分
“ゴリウォーグのケークウォーク”

なんてへんてこりんな曲なんだろう、と
昔は思っていた。

“月の光” 音楽の時間に聴いたとき、
ふうわりふわーっと淡い光が自分の中に入ってきて、夢みたいになった。
それで、ドビュッシーの曲集をCDで探してさっそくいろいろ聴いた。
でも、他の曲は2、3曲をのぞいてはもやもやの印象だけ残った。
たぶん中学生のころ。

その後、時間がたつにつれて
もやもやだったものから、絵がたちのぼってくるみたいに思える曲が増えていって
同時に譜面もいっしょに増えていった。

そういえば、曲集“子供の領分”の譜面は持っていなかった。

いまになって手にしてみる。
象とか雪とかある。
おもしろかったりきれいだったり。

へんてこりんと思っていた曲(この曲集にある)を弾いてみたくなって
やってみると、音をたどるだけですごく楽しい。
かっこいい音の羅列やリズム。

想像。
なんて楽しい。

年を重ねることのよろこび。
まさにこんなときにふかく味わう。

b0093920_23591989.jpg

[PR]
by mpana | 2008-08-26 23:59 | 音楽